萎縮と拘縮の違いは、筋委縮と関節拘縮という医学用語の使い方で簡単に判断ができるが、後遺症障害認定のポイントとしてhどうなのか。

萎縮と拘縮の違い

萎縮と拘縮の違い

[記事公開日]
[最終更新日]

萎縮と拘縮の違い

筋委縮などで使用される萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮という言葉。

この使い方だけで、その違いは明確ですが一応説明をします。

萎縮

このページの目次

筋萎縮というのは筋肉が細くなっている状態の事を言います。一過性の場合もあり、これはいわゆる筋トレで回復します。筋萎縮は筋力が低下すると、その筋肉を使わなくなるので「筋萎縮」が起こるというプロセスで、筋萎縮は目に見えて確認できるものです。

よって、筋萎縮は後遺障害認定のポイントといったところです。たとえば、ヘルニアなどで神経根が圧迫され、筋力低下が生じたときなどに有用です。

拘縮

拘縮というのは、軟部組織の障害によって関節の可動域が制限されるときを言います。その原因は様々ですが、長期間動かさなかったから関節が固くなった時(関節拘縮)にも使用します。後遺障害では拘縮の原因が求められます。


お問合せ

この記事「萎縮と拘縮の違い」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…
  2. 生理的前弯とストレートネック
    頸椎捻挫で頚椎の生理的前弯の消失があると、それが画像所見として認められ、後遺障害は12級13号が認定…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


萎縮と拘縮の違いのTOPに戻る