第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

胸腹部臓器の後遺障害認定基準

胸腹部臓器の障害については、部隊的な部位別で説明します。

胸腹部臓器の後遺障害認定基準

胃の後遺障害

消化に障害がある場合です。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

脾臓(ひ臓)の後遺障害

脾臓の摘出は後遺障害13級の3の3に該当
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

膵臓(すい臓)の後遺障害

すい臓機能の障害や切除の場合となります。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

生殖器の後遺障害

生殖機能、睾丸、卵巣、勃起、射精などの障害です。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

胸腹部臓器の併合、準用

胸腹部臓器の後遺障害に関する併合と準用について。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

泌尿器、腎臓などの後遺障害

頻尿、失禁、尿道狭窄、膀胱、腎臓に後遺症を残すものです。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

胆のうの後遺障害

胆のうを失った時です。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

肝臓の後遺障害

肝硬変や慢性肝炎が認められることが前提となります。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

呼吸器(肺)の後遺障害

呼吸が困難な場合です。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

大腸の後遺障害

大腸の障害、人工肛門、便秘、便失禁などの後遺障害です。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

小腸の後遺障害

小腸の障害は5級から11級の範囲で定められています。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

循環器(心臓)の後遺障害

心臓の機能に障害がある場合です。
胸腹部臓器の後遺障害認定基準

食道の後遺障害

食べ物の通りが悪いときです。