第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

交通事故と医療の知識

交通事故で一番多い通院先は整形外科です。

神経学的な所見

イートンテスト(Eaton test)

神経学的検査のイートンテスト(Eaton test)
医学・医療の一般教養

萎縮と拘縮の違い

筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認定のポイント
保険会社と医療

整形外科と接骨院の並行通院について。医師の同意は必要?

「交通事故で接骨院等への通院を認めないポスター」の実際。一部の医師が接骨院に否定的な理由、交通事故で接骨院の通院を嫌がる保険会社、その理由について。
神経学的な所見

腱反射

詐病ができないので後遺障害の等級認定実務において大変重要視されます。
一般的な検査

四肢(手足)の計測

手足の長さとその周囲も測ります。詐病が出来ないため認定実務では重要視される項目です。
一般的な検査

視診

交通事故により意識不明で救急搬送された場合は別として、まず、病院へ行った際には目で見る視診が行われます。後遺障害の残存が予想される場合には、すでにここから戦いが...
保険会社と医療

後遺障害の他覚的所見について

他覚的所見?他覚所見?医師の診断?
神経学的な所見

神経学的所見とは?

神経学的所見の必要性、重要性や神経学的検査について。
電気生理学的検査

電気生理学的検査という電気信号を利用する検査。筋電図と言われる事が多いがその実態は?

筋電図という検査があります。交通事故では特に多く「筋電図」と説明され、筋電図という言葉が独り歩きをしているケースが散見されます。 電気を使って主に神経を調べる検...
むちうちを考える

首の骨が真っ直ぐ?~頚椎の生理的前弯の消失~

頸椎捻挫で頚椎の生理的前弯の消失があると、それが画像所見として認められ、後遺障害は12級13号が認定されるのかといえば、そうではありません。むしろ、14級9号は固いのか?と問われてもYESとは言えません。非該当もあります。
医学・医療の一般教養

骨折外傷の分類と治療過程

外傷性骨折が生じると、骨の連続性が断たれる(一般的に「骨がポッキリ折れる」という)とともに、疼痛(痛み)や変形、機能喪失が発生します。これら骨折の種類によって、...
一般的な検査

関節可動域(ROM)

準備中 関節の可動域は人の関節の動きが何かしらの原因によって関節の動きが正常でないときに確認・計測が行われます。そして関節の可動域が4分の3以下に制限されると後...
神経学的な所見

徒手筋力テスト(MMT)

筋力を6段階に分けて評価するテストです。
むちうちを考える

頚椎捻挫(むちうち)とヘルニア

頚椎捻挫とヘルニアについて、その違いや12級の可能性など良く聞かれる質問に答えました。
保険会社と医療

カルテの開示(診療録 の入手)

カルテの開示というのは一昔前では行われないのが一般的でしたがいまではカルテ開示は常識です
保険会社と医療

交通事故と医師~医師は知らない~

交通事故では医師の診断書が重要なのにもかかわらず、医師は交通事故が何たるかを知らないことが多い
神経学的な所見

頚部神経症状の検査表

症状固定時の神経学的所見を(頚部神経症状)を後遺障害診断書とは別のA4用紙に記載するときがあります。元々これに似た書式をWEB上で見かけますが、必要に応じてそれ...
保険会社と医療

調査事務所の医療照会

医療照会とは病院(医師)に対して病状の確認を行う事で、等級の判断に非常に影響を与えるものです。
むちうちを考える

腱反射の低下、亢進、正常とは?

腱反射の低下、亢進、左右差について
画像診断検査

MRI(magnetic resonance imaging)

レントゲンでは確認できない異常をMRIでは確認する事が出来ます。
画像診断検査

レントゲン(X‐ray Photograph)

レントゲン、これは皆さんご存知の放射線で骨を写すものでXPともいいます。そして、単純に骨を映し出すのは単純X線写真といいいます。 しかし、通常のレントゲンでは脊...
整形外科で行われる治療

肩甲上神経ブロック

肩甲上神経ブロックとは、肩甲上神経に対して局所麻酔薬をかけるものです。神経ブロックの一種
むちうちを考える

12級と14級の違いって?

14級9号と12級13号の違いについて頸椎腰椎ヘヘルニア、頸部腰部捻挫を前提に説明。等級認定に重要なのは一貫性と整合性
むちうちを考える

頸椎捻挫と耳鳴り

頸椎捻挫(むち打ち)に伴う耳鳴りは、頸部交感神経の異常によるところが多いとされています
医学・医療の一般教養

疼痛(とうつう)とは?

後遺障害の認定基準の中には、「常時疼痛等を残すもの」というものもありますが、そもそも疼痛とはいったいどういった状態の事を言うのでしょうか。 普通に言えば、疼痛(...
むちうちを考える

整形外科でのむちうちの治療

むちうちに対する注射や痛み止め薬は整形外科などの病院で行います。
整形外科で行われる治療

牽引療法

整形外科や整骨院で行われる牽引は患部を引っ張って整復、固定、安静を図る療法です。
むちうちを考える

整形外科ではむちうちは治せない?

このカテゴリーでは、むちうちの仕組みや治療について考えてみます
むちうちを考える

頸椎捻挫とめまい

頸椎捻挫でめまいが生じることがあります。これは、動脈循環不全や頸部固有受容器異常、交感神経異常から起こるとされています
整形外科で行われる治療

星状神経節ブロック

交感神経を麻痺させて症状を緩和させる注射です
整形外科で行われる治療

レーザー治療とは?

後遺障害上ではレーザー治療は14級レベルの治療法の一つとお考えください。
むちうちを考える

頸椎捻挫でレントゲンは重要か?

レントゲンは受傷直後の初診時には必ずと言っていいほど撮影されています。後遺障害には受傷時から症状固定時までの一貫性という重要なポイントがあるので、MRI撮影も必要ですが、実は受傷直後のレントゲンも重要
整形外科で行われる治療

良肢位~関節が痛むとき~

一番負担の少ない角度というのが存在します。これを肢良位いいます。具体的に言うと、関節が固まった時でも使い勝手が良い角度です。たとえば、膝については10度が良肢位といわれています
整形外科系で行う検査

アレンテスト(Allen’s test)

アレンテストは胸郭出口症候群を確かめるのに有効な神経学的テスト
神経学的な所見

Wright test

Wright testは胸郭出口症候群を確かめるのに有効な神経学的テストです
神経学的な所見

SLRテスト(staraight leg raising test)

腰椎の神経学的所見として最も一般的な検査です。
むちうちを考える

むちうちの種類

「むちうち」を頸椎捻挫型、神経根型、バレリュー型の3つの分類に分けてその原因を説明
むちうちを考える

頸椎捻挫の頭痛

むちうちによる頭痛は、神経系または筋肉系の2つに分けられるという事になります。
画像診断検査

CT

CTは放射線を使用します。単純X-Pに比べると骨内部の異常が確認できる点で違います。 単純X-Pと違い輪切り(横断画像)が得られるのでより確実な診断が得られます...
整形外科系で行う検査

整形外科で行う検査とは?

交通事故で受傷をすると、その治療で一番多い通院先は整形外科です。 整形外科に通院を行って症状固定となる場合には、その整形外科でどのような所見が得られらかというの...
むちうちを考える

MRIの加齢性変化について

間違いなく外傷性のヘルニア等に当たるか否かの判断はMRIを見ると何となくわかるものです。骨棘の形成、椎間板の水分喪失、全体的な椎間板の変形の程度などを総合的に見て判断しますが、確実な判断基準はありません
整形外科で行われる治療

固定法 ギプス、包帯など

ギプスなどで患部を固定し回復を図る療法です。
神経学的な所見

ジャクソンテスト(jackson test)

頚椎を後ろに曲げて頭を上から押すと、悪いほうの肩、腕、手指に放射痛、痺れが発生します。
神経学的な所見

FNSテスト(femoral nerve stretching test)

SLRと同様に腰椎の神経学的所見として最もポピュラーな検査です。
整形外科で行われる治療

トリガーポイント注射

症状の鎮静を目的に行われるブロック注射です。
電気生理学的検査

筋電図検査

筋肉が異常な信号を発しているかどうか調べる電位検査です
電気生理学的検査

神経幹伝導性検査

神経幹伝導性検査は筋肉に直接電気刺激を与えて筋肉の動きを確認するものです
電気生理学的検査

神経伝導速度検査

神経伝導速度検査は同じ末梢神経上2点に電気刺激を与えて異常所見を確認するものです
整形外科で行われる治療

作業療法(OT・occupational therapy)

日常的な動作を計画的に指導、訓練し回復を図る療法です。
整形外科で行われる治療

薬物療法

薬によって症状を改善させます。整骨院や接骨院では薬は処方されません。
神経学的な所見

チネルサイン(tinel)

破損した末梢神経を確かめる検査です。
神経学的な所見

バレーサイン(valleix)

おしりの下の坐骨神経の圧痛です。
整形外科で行われる治療

装具

機能障害を補助させる目的で使用されます。
一般的な検査

身体的所見~問診~

診察の時に医師が見ている患者の動き。
一般的な検査

触診

医師によって圧痛、筋肉や腱、皮膚温、骨、関節の確認が行われます。
画像診断検査

シンチグラフィ

検査の一つとして骨シンチグラフィが行われることがあります。とは言えども、交通事故では稀です。 骨シンチグラフィは放射性の薬を注射して3時間後位に写真を撮ります。...
整形外科で行われる治療

理学療法

4大理学療法の温熱治療、水治治療、治療体操、ADL訓練について。整骨院でも行われます。
神経学的な所見

知覚テスト

皮膚の知覚に異常があるか確認をします。