腱反射

腱反射とは、各部腱を打腱器(ゴムのハンマーなど)で叩く事によって生じる腱反射をテストします。

膝をたたくと無意識に足が上がる事がありますが、これが腱反射です。脳や脊髄などの神経疾患の場合には亢進し、神経根の神経の疾患では低下します。つまり、膝の例で言えば、脳や脊髄などの神経疾患の場合(亢進)には足が上がりすぎます。神経根の神経の疾患の場合(低下)では足が上がらなくなります。

腱反射の部位は、

上腕二頭筋反射
上腕三頭筋反射
腕橈骨筋反射
アキレス腱反射

が一般的です。

疾患部位によって反応はまちまちで、上位等級の認定には画像所見との一致が必要です。この腱反射というテストは詐病ができないので後遺障害の等級認定実務において大変重要視されます。


無料相談

関連キーワード:

お問合せ

このページのTOPへ移動

質問・返信をご自由にどうぞ。特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

この記事に関する無料質問はこちらへ


“腱反射”の4件のコメント

  1. みすたー より:

    腱反射について質問させて頂きます。
    首C8神経根障害で腱反射以外はクリアしてます。
    右上腕二頭筋反射(++)
    右上腕三頭筋反射(++)
    左上腕二頭筋反射(++)
    左上腕三頭筋反射(+)
    上の結果になりまして(ー)がないのですが、
    腱反射低下(腱反射異常)と医師が異常とすれば
    認められるでしょうか。
    よろしくお願いします。

    • 戦略法務 より:

      「腱反射低下(腱反射異常)と医師が異常とすれば認められるでしょうか。」との質問ですが、異常として勘案されるかと読み替えれば、右と左の上腕三頭に差が出ているので異常と言えますが、、C8神経根損傷の腱反射として有効なものではありません。

  2. マツモト より:

    2011年に椎間板ヘルニアのオペをし、その後病院に通院なしで、事故でアキレス腱反射テストで➖と診断書にかかれたのですが。後遺障害認定の可能性はどれくらいですか?ちなみに、実通院日数は84日です。

    • 戦略法務 より:

      どれくらいあるかどうかは解りませんが、等級が認定されるとしたら14級だと思われます。これ以上は「アキレス腱ー」だけでは何も言えません。