FNSテスト(femoral nerve stretching test)

[記事公開日]
[最終更新日]

FNSテスト(femoral nerve stretching test)は、腰椎ヘルニアなどで神経根が圧迫されたときに異常が見られるテストです。

うつ伏せになり片足を膝で曲げます。すると、太ももに放射痛、痺れ(大腿神経痛)が発生します。

これは、L2-L3,L3-L4高位の腰椎椎間板ヘルニアなどで上記症状が現れます。

このテストは、自覚症状のみで結果を出すものなので、詐病が可能なことから後遺障害認定作業ではさほど重要視はされません。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「FNSテスト(femoral nerve stretching test)」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


このページの最上部へ。>
//kz //ここから構造化データの記述 //kzend