第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

ジャクソンテスト(jackson test)

ジャクソンテスト(jackson test)は、頚椎椎間板ヘルニアなどで、頚椎の神経根が圧迫されている場合に異常が見られるテストです。頚椎を後ろに曲げて頭を上から押すと、悪いほうの肩、腕、手指に放射痛、痺れが発生します。

ジャクソンテスト

このテストは、自覚症状のみで結果を出すものなので、詐病が可能なことから後遺障害認定作業ではさほど重要視はされません。

@

このページでコメント、FAQ(無料) 匿名、無料でご利用いただけます。