一般的な検査

  • カテゴリーなし
  1. 関節可動域(ROM)

    準備中 関節の可動域は人の関節の動きが何かしらの原因によって関節の動きが正常でないときに確認・計測が行われます。そして関節の可動域が4分の3以下に制限されると後遺障害の対象となります。 関節の可動域制限はその人の正常な関 …

  2. 四肢(手足)の計測

    手足の長さとその周囲も測ります。詐病が出来ないため認定実務では重要視される項目です。

  3. 触診

    医師によって圧痛、筋肉や腱、皮膚温、骨、関節の確認が行われます。

  4. 視診

    交通事故により意識不明で救急搬送された場合は別として、まず、病院へ行った際には目で見る視診が行われます。後遺障害の残存が予想される場合には、すでにここから戦いが始まっています。 有能な医師は診察室に入った時の動作などを観 …

  5. 身体的所見~問診~

    診察の時に医師が見ている患者の動き。