第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

神経、精神の後遺障害認定基準

神経系統の機能または精神の障害についての後遺障害認定基準は以下のようになっています。ここでは具体的に紹介します。

神経、精神の後遺障害認定基準

PTSD・脳の器質的損傷を伴わない精神障害(非器質性の精神障害)

精神系。PTSD、ストレス障害やうつで心療内科, 精神科等に通院をする時です。
神経、精神の後遺障害認定基準

カウザルギー、RSD等の疼痛等感覚障害の後遺症

痛みに対する等級を判断する基準です。
神経、精神の後遺障害認定基準

失調・めまい及び平衡機能障害

失調、めまい及び平衡機能の後遺障害は3級から12級、14級まで幅広く基準があります。
神経、精神の後遺障害認定基準

脳の後遺障害・器質性の障害(高次脳機能障害)

高次機能障害の認定基準です。
神経、精神の後遺障害認定基準

脳の後遺障害・身体性の機能障害(神経系統の障害)

麻痺について。
神経、精神の後遺障害認定基準

頭痛

疼痛の原因となる他覚的所見によって把握し、後遺障害の等級を認定します。
神経、精神の後遺障害認定基準

神経系統、精神の後遺障害認定基準の大分類

神経系統、精神の後遺障害認定基準は8分類ありますが大きく2つに分けられます。
神経、精神の後遺障害認定基準

外傷性てんかん

外傷性てんかんの等級認定は、発作の型や発作回数等に着目して下記基準になります。また、1ヶ月に2回以上の発作が起きる場合には、通常高度の高次脳機能障害を伴っている...
神経、精神の後遺障害認定基準

末梢神経の後遺障害

末梢神経の後遺障害という個別の基準はありません。
神経、精神の後遺障害認定基準

脊髄の後遺障害

脊髄損傷による後遺症について。