第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

専門家に依頼するメリット

被害者請求を行うことだけみれば、さほど難しいことではありません。被害者によっては、色々なところから情報を集め自ら被害者請求を行う事は可能です。しかし、どんなに情報を集めても、後遺障害というシステムの実務経験から生み出される”知恵”は出てこないはずです。なかでも、確実に得られないのものがあります。それは、どのような専門家も持っている「経験則」と呼ばれるものです。

経験則的な事を除けば、次に挙げた7つの記事がすべてきちんと理解する事ができる場合は専門家に依頼をする必要はありません。

ただし、以下の7つの記事を読んで「ちょっと良くわからない」といった時は、後遺障害の被害者請求を専門家に依頼するメリットがあります。

ところで、ここでの専門家とは、WEB等で掲げる自称ではなく、その者が持っているであろう情報がきちんと知識として独自性(経験的)と具体性(実務的)であることが、専門家といえる前提でのお話です。

もはやネット上で横並びの「情報」は「知識」とはいえません。もっとも後遺障害に関してはネット上で公開すべきではない情報が多数あり、専門家であればそれを理解し自制しています。

  1. 神経学的所見とは?
  2. 整形外科で行う検査とは?
  3. 後遺障害認定の基準の基準~4つの大前提ポイント~
  4. 保険会社の負担で後遺障害の認定を得る?
  5. 後遺障害の等級審査は書類のみ!
  6. 身体的所見~問診~
  7. 後遺障害とは?

戦略法務行政書士事務所の特徴

等級が取れない場合は、報酬は発生しません。
理由 等級が取れないにも関わらず、報酬が発生する事は交通事故被害者の利益を損ねると考えているからです。

日本全国どこでも一律対応
理由 後遺障害の調査は書類審査だからです。書類の送付と電話・メールのみで全国対応が可能です。

実務経験が非常に豊富
専門家向けの講師を務めるほど、自他共に認める経験値を有しています。

@

このページでコメント、FAQ(無料) 匿名、無料でご利用いただけます。