画像診断検査

  • カテゴリーなし
  1. MRI(magnetic resonance imaging)

    レントゲンでは確認できない異常をMRIでは確認する事が出来ます。

  2. シンチグラフィ

    検査の一つとして骨シンチグラフィが行われることがあります。とは言えども、交通事故では稀です。 骨シンチグラフィは放射性の薬を注射して3時間後位に写真を撮ります。 すると悪い部分が黒く映るといったところです。

  3. CT

    CTは放射線を使用します。単純X-Pに比べると骨内部の異常が確認できる点で違います。 単純X-Pと違い輪切り(横断画像)が得られるのでより確実な診断が得られます。 交通事故では頭部外傷には頭部CTスキャンが方程式です。 …

  4. レントゲン(X‐ray Photograph)

    レントゲン、これは皆さんご存知の放射線で骨を写すものでXPともいいます。そして、単純に骨を映し出すのは単純X線写真といいいます。 しかし、通常のレントゲンでは脊髄や神経根は写りません。そこで造影剤というものを体に投与する …