神経学的な所見

  • カテゴリーなし
  1. 頚部神経症状の検査表

    症状固定時の神経学的所見を(頚部神経症状)を後遺障害診断書とは別のA4用紙に記載するときがあります。元々これに似た書式をWEB上で見かけますが、必要に応じてそれをよりリアルな内容にしたものを使用しています。 例えば、腱反 …

  2. 神経学的所見とは?

    神経学的所見の必要性、重要性や神経学的検査について。

  3. Wright test

    Wright testは胸郭出口症候群を確かめるのに有効な神経学的テストです

  4. イートンテスト(Eaton test)

    神経学的検査のイートンテスト(Eaton test)

  5. チネルサイン(tinel)

    破損した末梢神経を確かめる検査です。

  6. 腱反射

    詐病ができないので後遺障害の等級認定実務において大変重要視されます。

  7. バレーサイン(valleix)

    おしりの下の坐骨神経の圧痛です。

  8. FNSテスト(femoral nerve stretching test)

    SLRと同様に腰椎の神経学的所見として最もポピュラーな検査です。

  9. SLRテスト(staraight leg raising test)

    腰椎の神経学的所見として最も一般的な検査です。

  10. ジャクソンテスト(jackson test)

    頚椎を後ろに曲げて頭を上から押すと、悪いほうの肩、腕、手指に放射痛、痺れが発生します。

  11. 知覚テスト

    皮膚の知覚に異常があるか確認をします。

  12. 徒手筋力テスト(MMT)

    筋力を6段階に分けて評価するテストです。