イートンテスト(Eaton test)

イートンテストについて

イートンテスト

頚椎神経根の症状誘発テストです。頭を痛まない側に傾け、痛む側の腕を斜め下方に引き、神経を牽引するようにします。痛みが再現されれば陽性(+)となります。症状誘発テストの中では、ジャクソンテストやスパーリングテストのほうがよく行なわれているようです。イートンテストで陽性となっても、そのことによってのみ後遺障害等級が認定されるということはありません。

このページでのコメント、FAQ(無料) 無料でご利用いただけます。匿名可