イートンテスト(Eaton test)

[記事公開日]
[最終更新日]

イートンテストについて

イートンテスト

頚椎神経根の症状誘発テストです。頭を痛まない側に傾け、痛む側の腕を斜め下方に引き、神経を牽引するようにします。痛みが再現されれば陽性(+)となります。症状誘発テストの中では、ジャクソンテストやスパーリングテストのほうがよく行なわれているようです。イートンテストで陽性となっても、そのことによってのみ後遺障害等級が認定されるということはありません。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「イートンテスト(Eaton test)」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


このページの最上部へ。>
//kz //ここから構造化データの記述 //kzend