神経学的所見についての記事一覧

神経学的所見に関するページです。

神経学的所見とは?

神経学的所見の必要性、重要性や神経学的検査について。

頚椎捻挫(むちうち)とヘルニア

頚椎捻挫とヘルニアについて、その違いや12級の可能性など良く聞かれる質問に答えました。

Wright test

Wright testは胸郭出口症候群を確かめるのに有効な神経学的テストです

アレンテスト(Allen’s test)

アレンテストは胸郭出口症候群を確かめるのに有効な神経学的テスト

イートンテスト(Eaton test)

神経学的検査のイートンテスト(Eaton test)

ヘルニア その1~所見について

交通事故のヘルニアの12級では自覚症状と画像所見と神経学的所見の3つが整合性を持っている事が必要

ヘルニア その2 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアについて

サイトのコンテンツの作成方針について

情報をわざと隠すようにして、ユーザーの不安と疑問を煽りつつ、依頼につなげるようなことはしていないつもりです。

SLRテスト(staraight leg raising test)

腰椎の神経学的所見として最も一般的な検査です。

徒手筋力テスト(MMT)

筋力を6段階に分けて評価するテストです。

鎖骨骨折

交通事故での鎖骨骨折は手術を行うと等級は取りにく、認定では合わせ技も可能で鎖骨骨折でしびれや痛みが生じする場合


8級 12級 14級 お問い合わせメール ヘルニア 事前認定 任意一括 医学的 医療照会 後遺症 後遺障害等級表 後遺障害診断書 申請 異議申し立て 症状固定 示談 神経学的所見 自賠責 被害者請求 診断書 鎖骨 頸椎捻挫 骨折