ヘルニア その1~所見について

ヘルニア その1~所見について

[記事公開日]
[最終更新日]

交通事故でヘルニアになったら?

交通事故で頚椎ヘルニア腰椎ヘルニアと診断される場合があります。

この場合の後遺障害の等級は14級または12級が基本となりますが、被害者にとっては12級を望むところが多いです。交通事故のヘルニアで12級が認定される場合には、「症状の固定時に残存する自覚症状と経時的に施行された画像検査および神経学的検査における他覚的な検査所見との間に医学的な整合性が認められるもの」でなければならないと、後遺障害の認定基準は示します。つまり、ヘルニアで12級を獲得するには、自覚症状画像所見、と神経学的所見の3つが揃っていなければなりません。この3つは症状固定時に揃っているだけでは足りず、整合性が必要です。まず、このページでは3つの条件について説明します。

残存する自覚症状

残存する自症状とは、症状固定時に確認できす症状という事ではありません。「残存」というのは、「交通事故直後から発生していた症状で、症状固定時にも残ったもの」という意味です。交通事故直後から症状固定時までの一貫性が必要です。

画像検査による画像所見

ヘルニアの場合には、MRIが画像所見となります。レントゲンで推測も可能ですが、交通事故のヘルニアとして成立させるには推測ではいけません。MRIによってヘルニアが確認できるのは大前提ですが、ヘルニアによって神経などの圧迫がある程度のヘルニアでなければなりません。

ヘルニアの画像所見で一番問題になるのが、ヘルニアの外傷性についてです。つまり、「交通事故との相当因果関係」と言いますが、交通事故によって発生したヘルニアか、加齢による年齢性のもの等で交通事故前よりあったものかが問題となります。

この因果関係の判断は非常に難しく、総合的にみて交通事故で発生したかどうかを判断する事になります。総合的にみると理由は、レントゲン画像やMRI画像をみると、なんとなく加齢による年齢性変化という事が解ったりもしますが、交通事故による外傷性のものと確実に確定することはできないからです。

神経学的検査による神経学的所見

神経学的所見とは、整形外科で行う検査で説明しているテストによって、画像所見と一致する異常が発生していることを言います。ヘルニアの部位によって、神経学的所見で求められる結果は異なり、画像所見と神経学的所見が一致している必要があります。

そして、この神経学的検査を、交通事故から1年を経過した症状固定時にだけ行って異常所見を取ったとしても、「他覚的証明されたとは困難」として12級は否定されます。つまり、文頭で述べた経時的に神経学的所見で異常所見を取っておく必要があると言えます。

交通事故で後遺障害の等級を得るには、被害者に立証責任があります。すでに過ぎ去った事を立証するのは難しく、ヘルニアと分かった瞬間から治療以外の立証にも力を注ぎ証明する必要があります。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「ヘルニア その1~所見について」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • 猪股
    • 2011年 11月 29日

    はじめまして、こんにちは。

    私は今年の4月に、交通事故を起こしました。
    内容は、私が自転車で横断歩道を渡っている際に、左折して来た軽自動車に巻き込まれて、頭から路上に落下してしまいまた。
    その後、1ヶ月の入院と6ヶ月の通院をしましたが、一向に改善の兆しは見えなく、痺れの原因は事故当時撮影した椎間板ヘルニアの為と、診断されました。
    主治医の先生から、集中的な持続けん引を目的地に3週間の再入院を勧められ、現在も治療をしております。
    昨日は、主治医の紹介により、脳外科の先生に診察をして戴いたのですが、手術をしても改善の余地はあまりないので、手の痺れは一生続くて言われてしまいました。
    この入院が終われば、症状固定をするそうです。
    この様な症状でも、私の後遺症害は14級になるのでしょうか?
    お忙しいところ申し訳ございませんが。どうか宜しくお願い致します。

      • 行政書士 笠原
      • 2011年 12月 01日

      14級か12級なのかはこの文章だけでは分かりません。ただ、”手術をしても改善の余地は無いヘルニア”というのが非常に気になるところです。
      画像で見られるヘルニアが直接の原因でない可能性を示唆しているのではないでしょうか。だとすれば、他の原因も考えつつ、現状で12級が取れるようにも対処をしておくというのがのいと思われます。

        • 猪股
        • 2011年 12月 02日

        ご返答ありがとうございました。
        私の手の痺れは、主治医の先生に頚椎ヘルニアの影響だと言われました。
        手の痺れを確実に治したい為、脳外科の先生にも診察をして戴いたのですが、確実に治る可能性が少ないとの事で、手術を行わない事となったのです。
        その際、手の痺れは明らかにヘルニアの影響だと診断されたのですが、現在の治療を継続し、痛みだけでも取り除く方針だそうです。
        他覚所見もあると、主治医の先生には言われておりますが、後遺症害の認定は難しいでしょうか?
        お忙しいとは思いますが、どうか宜しくお願い致します。

          • 行政書士 笠原
          • 2011年 12月 03日

          14級は認定されると思われますが、12級となるのは、明確な画像所見・自覚症状・神経学的所見の3つの整合性が求められます。具体的にはヘルニア部位の異常所見に一致する症状があり、そのヘルニア部位に一致する知覚低下などの神経学的所見が得られている必要があります。なお、この3つには整合性の他に一貫性も求められます。

    • あいこ
    • 2011年 11月 19日

    一週間前に 停車中の車で後部座席に乗っていたら
    後から追突され翌日近くの整形外科へ行きレントゲンと
    撮りましたが骨に異常がなく 電気治療で数日通院していましたが 痛みが背中まできて 吐き気もあったので
    MRIの検査で頚椎ヘルニアが一箇所見つかりました。
    医師はおそらく持っていたヘルニアが衝撃ででたのでしょうと言ってましたが この場合すべて交通事故の扱いで治療可能でしょうか?今までにヘルニアの症状はまったくなかったのですが これは立証できるんでしょうか?

      • 行政書士 笠原
      • 2011年 11月 20日

      このようなヘルニアでは、リハビリにとどまる限り全額保険会社が負担してくれるのがほとんどです。この点はご心配要りません。
      交通事故によって、そのヘルニアが確実に発生した事を立証するのは難しいです。色々な要素を総合的に見て事故を原因として発生したヘルニアと予想される程度の説明しか行えませんが、これえも条件が揃っていれば12級13号が認定されます。

    • 藤崎 奈都子
    • 2011年 5月 22日

    12/4に交通事故にあいました。加害者(相手)は任意保険に入ってません。
    同乗していた二歳の娘も頭部、背中打撲と診断されました。娘は一ヶ月に一度位の定期健診で先日、この先も大丈夫だろうという事で通院を終了しました。
    慰謝料は請求できます?

    MRIなど精密検査を依頼しても、してもらえず、この先ほんとに後遺症が残らないか心配ですが。

      • 行政書士 笠原 仁
      • 2011年 5月 24日

      交通事故の慰謝料は大きく分けて通院慰謝料と、後遺障害慰謝料に分かれます。通院をしていれば、通院実績に応じた慰謝料は請求可能です。通院慰謝料は、通院期間と通院実日数で計算されます。

    • 古木 克己
    • 2011年 5月 17日

    頚椎ヘルニアと後遺障害認定について。

    10年前に頚椎ヘルニアの手術をして、その術後1年ほどして左腕の筋肉の衰え、左指のふるえ、痺れ等の後遺症が出て、そのまま年を経過しましたが、この度追突事故により、脱力感や指のふるえが酷くなった気がします。現在事故によるむち打ち症で通院していますが、良くなる気配がありません。
    このまま6ヶ月をすぎて症状固定と医師から言われたら後遺障害認定を受けられますでしょうか?
    やはり6ヶ月を経過しないと申請は出来ないのでしょうか?
    専門の方のご意見宜しくお願い致します。

      • 戦略法務の専門家
      • 2011年 5月 18日

      手術の種類はどういったものか。そして、事故前の通院歴によって等級可能性は変わります。
      そして、交通事故後6カ月を経過しなければ、後遺障害の申請が出来ないという事はありません。むちうちでは、5カ月でも4カ月でも後遺障害の申請は可能です。ただ、後遺障害の等級認定の可能性が低くなるかもしれないというだけです。

        • 古木 克己
        • 2011年 6月 09日

        お答えを拝見させて頂きました。有難うございます。
        追伸です、手術の方法は「前方固定術」です。
        また、やや後遺症は残りましたが、8年前からは何の症状も出ず、術後の通院は8年間ありません。それが今回の事故により症状が酷くなり、仕事にも支障が出ています。今回の事故で通院している整形外科の医師からは、「3ヶ月くらいで切る」と言われました、なぜか、保険会社が催促してくるからだそうです。そんなことがまかり通るのでしょうか?
        そこにはMRIがありませんし、MRIを撮るのなら紹介すると言われていますので、いっそ病院を替わった方が良いのでしょうか?
        紹介先の病院で手術をしておりますので、もしMRIを撮れば術前、術後、そして今回と比較する事が出来そうですが、かえって逆手に取られそうでなりません。
        因果関係のこともあり、どれが一番良い方法かが、もはや判断できなくなっております。
        助言の方宜しくお願い致します。

          • 行政書士 笠原 仁
          • 2011年 6月 11日

          今回の事故で痛めた腰が固定術とどれくらいの因果関係があるのか、それを確認するためにもMRIの撮影が必要と思われます。
          以上になります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


ヘルニア その1~所見についてのTOPに戻る