ヘルニアについての記事一覧

「ヘルニア」に関するページをランダムに表示します。

MRI(magnetic resonance imaging)

レントゲンでは確認できない異常をMRIでは確認する事が出来ます。

頚椎捻挫(むちうち)とヘルニア

頚椎捻挫とヘルニアについて、その違いや12級の可能性など良く聞かれる質問に答えました。

MRIの加齢性変化について

間違いなく外傷性のヘルニア等に当たるか否かの判断はMRIを見ると何となくわかるものです。骨棘の形成、椎間板の水分喪失、全体的な椎間板の変形の程度などを総合的に見て判断しますが、確実な判断基準はありません

むちうちの種類

「むちうち」を頸椎捻挫型、神経根型、バレリュー型の3つの分類に分けてその原因を説明

ヘルニア その1~所見について

交通事故のヘルニアの12級では自覚症状と画像所見と神経学的所見の3つが整合性を持っている事が必要

ヘルニア その2 腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアについて

トリガーポイント注射

症状の鎮静を目的に行われるブロック注射です。

筋電図検査

筋肉が異常な信号を発しているかどうか調べる電位検査です

FNSテスト(femoral nerve stretching test)

SLRと同様に腰椎の神経学的所見として最もポピュラーな検査です。

SLRテスト(staraight leg raising test)

腰椎の神経学的所見として最も一般的な検査です。

ジャクソンテスト(jackson test)

頚椎を後ろに曲げて頭を上から押すと、悪いほうの肩、腕、手指に放射痛、痺れが発生します。

眼球の視力障害 目の視力低下

第1級の1|第2級の1|第2級の2|第3級の1|第4級の1|第5級の1|第6級の1|第7級の1|第8級の1|第9級の1|第9級の2|第10級の1|菜13級の1


8級 12級 14級 お問い合わせメール ヘルニア 事前認定 任意一括 医学的 医療照会 後遺症 後遺障害等級表 後遺障害診断書 申請 異議申し立て 症状固定 示談 神経学的所見 自賠責 被害者請求 診断書 鎖骨 頸椎捻挫 骨折