むちうちの種類

むちうちの種類

[記事公開日]
[最終更新日]

「むちうち」というのは一般用語で、傷病名としては、頸椎捻挫、頸椎挫傷、外傷性頚部症候群などのようになります。どれもむちうちと表現しても差し支えないもので「首が痛い」という症状の総称といえます。

そして、むちうちはその症状によって3つの分類に分ける事が可能です。それは、頸椎捻挫型と神経根型とバレリュー型です。この他にも、脊髄損傷や脳脊髄液減少症も考えられますが、これを「むちうち」という総称でと表現するのは適切ではありません。ここでは、むちうちを3つの分類に分けて、その原因を説明します。

頸椎捻挫型

むちうちの中でも基本となるもので、首の軟部組織が交通事故の衝撃によって損傷を受けて首に痛みが出るものを言います。しかし、レントゲンやMRIでは軟部組織の損傷が確認できない為、軽い受傷と捉えらる傾向があります。画像で異常がないから問題はないと言われます。しかし、首を動かすと痛みが増悪するのが一般的なので、日常生活上で常に痛みを伴うことから、被害者は大変な思いをすることになります。この頸椎捻挫型の後遺障害は14級です。

神経根型

頸椎(首)には7つの骨(椎骨)があり、そこからは腕などに神経が伸びています。むちうちによって、この神経に異常をきたすと、腕のしびれや手のしびれ、皮膚の知覚低下などが発症します。顔面や頭部に症状があらわれる事もあります。神経に異常をきたす主な原因は椎間板のヘルニアです。この神経根型の後遺障害は12級または14級となります。

バレリュー型

後部交感神経症候群といわれるもので、わかりやすく言えば、交通事故によって引き起こされた自律神経失調症です。むちうちによって交感神経が損傷を受けて、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、交感神経が過度に働いてしまうのが原因といわれています。その症状は様々で、頭痛、吐き気、耳鳴り、視力低下、不眠、倦怠感などが発症します。このバレリュー型の後遺障害は14級がほとんどで、まれに12級が認定されることがあります。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「むちうちの種類」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • 落合
    • 2012年 7月 17日

    行為障害診断書結果、xp-加齢により変形有り、MRI-
    ravvor.スパーリング、ジャクソンテスト=陽性
    腱反射検査-正常、筋手縮-左し
    可動域-前屈30度-後屈50度-右倔20度左倔15度 右回施20度左回施15度。で、今も車の運転に支障があります 。

    • 戦略法務
    • 2011年 6月 15日

    警察用診断書に記載されている全治期間で治療が打ち切られる事はありません。治療の打ち切りは、受傷の程度、通院状況や症状の推移などを総合的にみて判断されます。、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 頸椎捻挫で頚椎の生理的前弯の消失があると、それが画像所見として認められ、後遺障害は12級13号が認定…
  2. 筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


むちうちの種類のTOPに戻る