12級と14級の違いって?

12級と14級の違いって?

[記事公開日]
[最終更新日]

ここでいう12級と14級の違いとは、神経系統の障害の事で14級9号と12級13号の違いについて説明します。

この14級と12級の差に対する問題は、後遺障害の中で最も多いといえます。その中でも頸椎ヘルニア・腰椎ヘルニア・頸椎捻挫・腰椎捻挫で悩まされる被害者が特に多いといえます。他にも椎間板、狭窄症、椎間板の膨張、手や足の痺れ、痛み、骨折でもこの悩みは尽きることがありません。

「どうすれば12級になるのか?」、、、

この記事では頸椎ヘルニアと腰椎ヘルニア、頸椎捻挫、腰椎捻挫を前提に説明をします。(但し、脊髄損傷は除く)

14級9号と12級13号の後遺障害認定基準の違い

12級13号の認定基準は、「局部に頑固な神経症状を残すもの」
14級9号の認定基準は、「局部に神経症状を残すもの」
となっています。つまり、頑固な神経症状であれば12級となります。

頑固とは、「通常の労務に服する事は出来るが、時には強度の疼痛のため、ある程度差支えがあるもの」と説明されますが、これが立証できるれば12級に認定されます。ただし、いくら「症状は頑固で仕事もできない」という事を単純に主張するだけでは、12級と認定されることはありません。もちろん、医師に「交通事故によって受傷し発症した○○による頑固な疼痛のため就労困難である。」という程度の診断書が発行されても無意味です。

これを立証するには、残存する症状が他覚的に証明される事が最重要条件となります。具体的には、症状固定時に残存する自覚症状と、画像検査・神経学的検査等の他覚的な諸検査所見との間に医学的な整合性が認められることが必要です。この「自覚症状」と「画像所見」と「神経学的所見」は12級への3条件といえます。また、この3条件の整合性は受傷時から症状固定時まで一貫性をもっている事も必要となります。

整合性とは、この画像所見であればこのような自覚症状が出てこのような神経学的所見があるはず、というように、自覚症状と画像所見と神経学的所見の3条件がが医学的に一致している事が求められます。

しかし、整合性を持った後遺障害診断書が発行されたとしても、先ほどの「一貫性」が否定されてしまうと12級には至りません。たとえば、「後遺障害診断書では、症状固定に腱反射(神経学的所見)の異常が確認できるが、これを除き過去4回行った腱反射の検査では3回の異常が確認されているが、ただ一回だけ正常だったことがある」というのは「一貫性がない」として12級は否定されます。

後遺障害の審査は書面によって行われます。被害者請求をする時に提出する書類の中で、整合性と一貫性が否定できてしまうものが含まれてはいけません。逆に整合性と一貫性を認めることが出来る書類は積極的に準備して添付します。これができるのも、被害者請求の利点です。


お問合せ

この記事「12級と14級の違いって?」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • たに
    • 2014年 1月 07日

    事故により2ヶ月程前から病院と整体に通ってます、右首の筋から背中にかけてと腰が痛みますこのまま治療して変わらなければ後遺障害となりますか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


12級と14級の違いって?のTOPに戻る