頸椎捻挫とめまい

頸椎捻挫とめまい

[記事公開日]
[最終更新日]

頸椎捻挫でめまいが生じることがあります。これは、動脈循環不全や頸部固有受容器異常、交感神経異常から起こるとされています。

頸椎捻挫、いわゆるむちうちでは、その2割にめまいという症状が発生します。これを頸性めまいといいます。このめまいでは、基本的に耳鼻科で検査を受けても内耳などに異常はみられず「正常」と判断されます。なぜなら前述のとおり、動脈循環不全や頸部固有受容器異常、交感神経異常などが原因とされているからです。実際のところ、単純な頸椎捻挫によるめまいの場合、検査でふらつきがあることは説明できても、その原因を医学的に説明するのは困難です。

したがって、頸性めまいの後遺障害の等級は、頸椎捻挫のうちの”1症状”として14級9号に留まることがほとんどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

関連キーワード:

この記事「頸椎捻挫とめまい」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 肩鎖関節脱臼での鳥口鎖骨靭帯断裂や肩鎖靭帯断裂について…
  2. 被害者請求について。後遺障害の申請は任意保険の事前認定ではなく自ら被害者請求で申請を行う被害者請求に…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


頸椎捻挫とめまいのTOPに戻る