トリガーポイント注射

[記事公開日]
[最終更新日]

トリガーポイント注射とは、トリガーポイントに対して注射をして一連の症状を緩和させようとする治療法でトリガーポイントブロックとも言います。

頚椎捻挫や幼稚捻挫、ヘルニア、頭痛など、幅広い症状に対応します。

トリガーポイントの効果

麻酔効果による症状の軽減
交感神経を抑えつつ血流の改善

そもそも、トリガーポイントという言葉は、肩コリの時に押して気持ちの良い部位をいいます。ツボとも言いましょうか。そこに注射をするのでトリガーポイント注射といます。よって、注射するポイントが重要です。

針治療というのは、このトリガーポイントに針だけを刺して症状を改善させようという東洋医学の考えです。これに対し、針を刺して薬を注入するのが西洋医学です。

トリガーポイント注射と後遺障害

トリガーポイント注射を行うという事は、それだけ症状が強いという事を説明する事になります。症状の立証としては非常に有益と言えます。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「トリガーポイント注射」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


このページの最上部へ。>
//kz //ここから構造化データの記述 //kzend