関節可動域(ROM)

関節可動域(ROM)

[記事公開日]
[最終更新日]
準備中

関節の可動域は人の関節の動きが何かしらの原因によって関節の動きが正常でないときに確認・計測が行われます。そして関節の可動域が4分の3以下に制限されると後遺障害の対象となります。

関節の可動域制限はその人の正常な関節の動きと比較して、その動きに異常があるか調べます。通常は右と左を比べますが、首や腰のように比べることが出来ないものは平均的な可動域を参考にします。

関節の可動には自動と他動の2種類あります。自動とは本人が自らの力で関節を動かしたときのことをいい、他動とは他者が関節を動かしたときのことをいいます。そして、後遺障害の対象となる関節医の可動域は原則として他動ですが、一部の場合において自動域を後遺障害の対象とする場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

この記事「関節可動域(ROM)」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 被害者請求について。後遺障害の申請は任意保険の事前認定ではなく自ら被害者請求で申請を行う被害者請求に…
  2. 2018/7/25

    末梢神経損傷
    シビレなどがある場合には要注意です。…

サイトに一言

メッセージ・一言 (必須)

スパム防止のためのチェック (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


関節可動域(ROM)のTOPに戻る