第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

関節可動域(ROM)

準備中

関節の可動域は人の関節の動きが何かしらの原因によって関節の動きが正常でないときに確認・計測が行われます。そして関節の可動域が4分の3以下に制限されると後遺障害の対象となります。

関節の可動域制限はその人の正常な関節の動きと比較して、その動きに異常があるか調べます。通常は右と左を比べますが、首や腰のように比べることが出来ないものは平均的な可動域を参考にします。

関節の可動には自動と他動の2種類あります。自動とは本人が自らの力で関節を動かしたときのことをいい、他動とは他者が関節を動かしたときのことをいいます。そして、後遺障害の対象となる関節医の可動域は原則として他動ですが、一部の場合において自動域を後遺障害の対象とする場合もあります。

@

このページでコメント、FAQ(無料) 匿名、無料でご利用いただけます。