交通事故でカルテの入手は必要か

カルテの開示(診療録 の入手)

[記事公開日]
[最終更新日]

カルテとは、医師が診察の時に患者の事について書き込みをしている用紙の事を言います。電子化されていてパソコンでカルテを打ち込む場合も有ります。

医師によって受傷の原因や自覚症状、患者の発言内容まで非常に細かく書く場合もあります。しかし、殆ど何も書かない、略語のみなど様々なカルテが存在します。後遺障害の等級を取る為にこのカルテのコピーを入手する必要が出た場合は、病院に対してカルテ開示を請求します。

診断書では不十分で、医師の診察を経時的に確認するにはカルテの開示が一番費用が掛かりません。例えば、いきなり診断書の作成とせずに、カルテを元に医療照会書を作成するなどして対応するのが良いケースがあります。

ただ、カルテの開示というのは一昔前では行われないのが一般的でした。カルテは病院のものという、この流れを受けて今でもカルテの開示に難色を示す病院もあります。しかし、今では情報の公開という考え方が進み、医師会も特別な事情がない限りカルテの開示は行うようにとしています。また、開示の手数料についても5000円、10000円ではなくコピー代などの実費程度に収めるようにと厚生労働省から通達が出ています。

カルテ開示の根拠となる法律

個人情報の保護に関する法律
個人情報保護条例
行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律
独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律


お問合せ

関連キーワード:

この記事「カルテの開示(診療録 の入手)」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 頸椎捻挫で頚椎の生理的前弯の消失があると、それが画像所見として認められ、後遺障害は12級13号が認定…
  2. 筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


カルテの開示(診療録 の入手)のTOPに戻る