調査事務所の医療照会

調査事務所の医療照会

[記事公開日]
[最終更新日]

医療照会とは病院(医師)に対して病状などの確認を問答形式で行う事を言います。

後遺障害の申請を被害請求で行うと、時に自賠責調査事務所から医療照会が行われる事があります。これは、等級を調査する上で必要な病状をを確認する為です。実はこの医療照会が曲者で、被害者に優しくない質問の仕方をするのです。その照会に対する回答は等級認定の際に最も重視されますので、回答が適当だと等級に悪影響を与えます。

例えば、「他覚所見は?」という照会に対して、
・所見あり
・所見なし
・未施行
という選択肢が用意されていたとします。医師はこの回答をカルテを見ながら行いますが、所見を取っていない場合も「所見なし」とする事が殆どです。本来は「未施行」としなければなりません。そして、全ての検査を行っていないのにもかかわらず、1つ2つの検査で所見がなかったからといって「所見なし」と書かれてしまうと、調査事務所は「他覚所見は無い」と断定してきます。

他にも、後遺障害には症状の一貫性というものが必要ですが、医療照会では具体的症状を経時的に質問を行う場合があります。この時の回答に、症状の書き忘れ(非常に多い)や、傷病名からして有るのは当然だから書かなかった症状(医師の独断)があると、それを理由にして「一貫性がない」として後遺障害を認めてきません。

これに対する対策はいくつもありますが、自ら医療照会を行うのが良い方法です。これにより回答内容もある程度、被害者の考えに沿う事も可能です。

なお、医療照会は、異議申し立てで行う事がありますが、普通の医療照会ならまだしも、被害者にとって良い回答を得られるような内容を考えるのは非常に難しいです。ここは間違いなく専門家の力量が問われるところです。

*自賠責が行った医療照会の内容を直接自賠責から取り付けることはできません。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「調査事務所の医療照会」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • 堤洋一
    • 2014年 5月 17日

    去年9月28日に車と車の交通事故です。私は助手席に乗っていました。相手の車が横からぶつかってきました。7~3で相手方が7です。すぐ整形外科に通院しました。今年3月26日で症状固定と言われました。通院回数は40日です。MRIはすぐとりましたが年齢のための異常がありましたがそれが今回の事故でむち打ちがひどくなったと先生は言われました。腰のいたみはだいぶ収まりましたが。首の右後ろあたりが痛くで頭も重いです。後
    左手人差し指中指がが最初からシビレて物を落としたりして精神的にも辛いです。。4月20日に認定をだしました。宜しくお願いします。

      • 戦略法務
      • 2014年 5月 18日

      残った症状は残念ですが、等級が認定されることをお祈り申し上げます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


調査事務所の医療照会のTOPに戻る