第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

胃の後遺障害

1胃の障害に関係する等級認定は、胃の切除によって生じる症状の有無により下記の通り決定します。

・消化吸収障害、ダンピング症候群、胃切除術後逆流性食道炎のどれかが認められる人は第7級の5に該当します。

・消化吸収障害やダンピング症候群が認められる人は第9級の7の3に該当します。

・消化吸収障害や胃切除術後逆流性食道炎が認められる人は第9級の7の3に該当します。

・消化吸収障害、ダンピング障害もしくは胃切除術後逆流性食道炎のどれかが認められる人は第11級の9に該当します。

・噴門部もしくは幽門部を含む胃の一部を亡くした人(第9級の7の3と第11級の9に該当する人以外)は第13級の3の3に該当します。

「胃の切除によって生じる症状の有無」とは次により判断する事になります。

a:胃の全てを亡くした人
b:噴門部もしくは幽門部を含む胃の一部を亡くし、低体重など(BMIが20以下。被災前からBMIが20以下の時は、被災前よりも体重が10%以上減少した人のこと。)が認められる人

上記1で「消化吸収障害」が認められるとは下記のどれかに該当する人を言います。

a:胃の全てを亡くした人
b:噴門部もしくは幽門部を含む胃の一部を亡くし、低体重など(BMIが20以下。被災前からBMIが20以下の時は、被災前よりも体重が10%以上減少した人のこと。)が認められる人

上記1で消化吸収障害「ダンピング症候群」が認められるとは下記の全てに該当する人を言います。

a:胃の全部もしくは幽門部を含む胃の一部を亡くした人
b:食後30分以内に起こるめまいや起立不能などの早朝ダンピング症候群が原因で生じる症状が認められる人

上記1で消化吸収障害「胃切除術後逆流性食道炎」が認められる人とは下記の全てに該当する人を言います。

a:胃の全部もしくは噴門部を含む胃の一部を亡くした人
b:胸焼け、胸痛、臙下困難などの胃切除術後逆流性食道炎が原因という自覚症状がある人
c:内視鏡検査によって食道にびらん、潰痕などの胃切除術後逆流性食道炎が原因だと認められる人

@

このページでコメント、FAQ(無料) 匿名、無料でご利用いただけます。