医学・医療の一般教養

  • カテゴリーなし
  1. 骨折外傷の分類と治療過程

    外傷性骨折が生じると、骨の連続性が断たれる(一般的に「骨がポッキリ折れる」という)とともに、疼痛(痛み)や変形、機能喪失が発生します。これら骨折の種類によって、治療方針は大きく分かれる事になります。 骨の連続性の有無によ …

  2. 萎縮と拘縮の違い

    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認定のポイント

  3. 疼痛(とうつう)とは?

    後遺障害の認定基準の中には、「常時疼痛等を残すもの」というものもありますが、そもそも疼痛とはいったいどういった状態の事を言うのでしょうか。 普通に言えば、疼痛(とうつう)とはずきずきする痛み、うずくような痛み、ズクズクす …