後遺障害に対する慰謝料

[記事公開日]2010/12/01
[最終更新日]

後遺障害と慰謝料

後遺障害に対する慰謝料は認定された等級に応じて決まります。

よって、如何にしてより上位の後遺障害等級を取れるか?という部分が一番重要になります。

後遺障害の慰謝料はある程度定額化していますが、任意保険会社基準と適正な慰謝料(裁判所基準・赤い本基準)の間には大きな開きがあるのが実情です。慰謝料のほかにも逸失利益というものがありますが、これには喪失期間などの問題があり、すんなりと示談が成立するケースは少ないです。

しかし、後遺障害の慰謝料については、逸失利益に比べると等級さえ取れてしまえば比較的簡単に相当な慰謝料を得る事が出来ます。それは、認定された等級に対して支払われる事と等級に応じて定額化されているという2つの理由があるからです。

後遺障害の慰謝料を増やす

慰謝料既に述べたとおり、後遺障害の慰謝料は、認定された等級に対して算定されます。したがって、等級を取らなければ後遺障害としての慰謝料は得ることはできません。逆にいえば、等級さえ取ってしまえば後遺障害の慰謝料は得られたも同然となります。

つまり、1~14級にわかれる後遺障害でより高い(1に近い)等級が取れるよう準備をすることが後遺障害の慰謝料を増やす事になります。
後遺障害獲等級認定時の賠償金

当サイトの利用は無料です。慰謝料についての専用ページも用意してあり、戦略テクニックやQ&Aでも随時情報を公開しています。どうぞご活用ください。「自分では調べる時間がない」などお困りな方はご依頼を受け賜ることも可能です。まずは、無料にてお問い合わせください。
無料お問い合わせはこちら>>

後遺障害の賠償金ー慰謝料はこちら>>

後遺障害と逸失利益

交通事故の賠償金の中で一番高額になる可能性が高いのが、後遺障害の逸失利益です。

逸失利益

逸失利益を決めるには、その等級が何級に該当するか、またその等級の何号に該当するか、休業損害は発生しているか、どのような診断書で等級が認定され、どのような理由で等級に認定がされたか、様々な条件を総合的に勘案して決める事になります。これらの条件は等級が高ければ高い程、任意保険会社は厳格に査定をしてきます。

逸失利益の前提として

逸失利益を計算するには、その前提とて後遺障害の等級を取らなければなりません。等級が高ければ逸失利益も高額となるのが定石なので、まずは等級をとる事に力を注ぐ事になります。

このサイトでは、逸失利益について専用のページで簡単な説明をしております。また、戦略テクニックやQ&Aでも随時逸失利益について情報の発信をしています。

サイトの利用と質問は無料ですのでじっくりとご覧ください。

後遺障害の賠償金ー逸失利益はこちら>>

逸失利益

無料相談
お問合せ

質問・返信をご自由にどうぞ。特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

この記事に関する無料質問はこちらへ
回答はボタン↓を押してはこのページで確認してください。