そしゃく及び言語の機能障害

そしゃく及び言語の機能障害

[記事公開日]
[最終更新日]

基本的にそしゃくの障害は、上下の咬合及び排列状態並びに下あごの開閉運動などで総合的に判断されます。

第1級の2 そしゃく及び言語の機能を廃したもの
第3級の2 そしゃくまたは言語の機能を廃したもの
第4級の2 そしゃく及び言語の機能に著しい障害を残すもの
第6級の2 そしゃくまたは言語の機能に著しい障害を残すもの
第9級の6 そしゃく及び言語の機能に障害を残すもの
第10級の2 そしゃくまたは言語の機能に障害を残すもの

●そしゃくの機能を廃したもの…流動食以外は食べられない人のことをいいます

●そしゃく機能に著しい障害を残すもの…粥食またはこれに準じる位の飲食物以外は食べられないひとのことをいいます

●そしゃく機能に障害を残すもの…固形食物の中にそしゃくができないものがある、またはそしゃくが十分に出来ないでそのことが医学的に証明出来る人をいいます

●言語の機能を廃したもの…4種類の語音(唇音、歯舌音、口蓋音、喉頭音)のうち、3種類以上の発音が不能な人のことをいいます

●言語の機能に著しい障害を残すもの…4種類の語音のうち2種類の発音が不能、または綴音(2つ以上の単音が結合してできた音)機能に障害があり、言語だけを使用して意思を伝えることができない人のことをいいます

●言語の機能に障害を残すもの…4種類の語音のうち1種類の発音が不能な人のことをいいます


お問合せ

関連キーワード:

この記事「そしゃく及び言語の機能障害」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 頸椎捻挫で頚椎の生理的前弯の消失があると、それが画像所見として認められ、後遺障害は12級13号が認定…
  2. 筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


そしゃく及び言語の機能障害のTOPに戻る