アレンテスト(Allen’s test)

アレンテスト(Allen’s test)

[記事公開日]
[最終更新日]

アレンテストとは、上肢の動脈閉塞の有無を確認する神経学的検査で、橈骨動脈と尺骨動脈を圧迫した上で被験者に手を握ったり開いたりしてもらう。何度か繰り返すと動脈が閉塞されているために手掌には血液が流れず、静脈血のみ戻ってしまうために青白くなる。このときに、橈骨動脈側もしくは尺骨動脈側の圧迫を開放すると通常は手掌全体に血液が流入するために赤くなりますが、何かしらの異常があると掌は白いままとなり陰性とされます。

アレンテストは胸郭出口症候群を確かめるのに有効な神経学的テストです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連キーワード:

この記事「アレンテスト(Allen’s test)」の無料質問とコメント

この記事の質問は無料です。お気軽にどうぞ!(24時間受付)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
特定情報以外、お名前も含めてこのページで回答されます。
コメントは管理人が承認後、このページに掲載されます。
掲載を望まない方はこちらのお問い合わせからご質問ください。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. b01
    事前認定であれば簡単な後遺障害の申請で専門家を必要とする理由は、税理士の税務代理と似ています…
PAGE TOP