労働喪失率が任意保険会社に勝手に変えられた!

[記事公開日]
[最終更新日]

基本的に後遺障害の等級が認定されると、その等級に応じた労働喪失率に従って逸失利益が計算できます。

しかし、等級が高くなればなるほど、この基準に反した労働喪失率が加害者から主張されることが多いの現状です。

「具体的症状に照らし合わせて○○%の労働喪失率とします。」

被害者からしてみれば「何を勝手に決めてんの?」といった感じですが、これには合理的な説明で対抗するしかありません。つまり、被害者は「本当にこの程度の労働を喪失した」と立証しなければなりません。

一度保険会社が算出した労働喪失率を変更させるのは非常に難しいです。すなおに、裁判をするか交通事故紛争処理センターに持ち込んだほうが解決はスマートになります。


お問合せ

この記事「労働喪失率が任意保険会社に勝手に変えられた!」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend