逸失利益の計算方法~会社役員~

[記事公開日]
[最終更新日]

会社役員の後遺障害による逸失利益を算出する場合は以下のようになります。

役員報酬のうち、労働対価部分は逸失利益として認めるが、利益配当部分については認めない

役員報酬には、役員が自らが働いた部分である労働対価的な部分と、会社の利益を役員の立場として受け取る利益配当的な部分があります。

労働対価的な部分については給与所得者と同じような扱いですが、利益配当部分については、不動産所得と同じように不労所得と考えられ逸失利益は発生しないと考えることが多いです。

被害者としては、労働対価的部分をどのように立証するのかが難しいところです。


お問合せ

この記事「逸失利益の計算方法~会社役員~」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend