第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

逸失利益の計算方法~外国人~

外国人が日本国内で交通事故にあって、後遺障害を負った場合には、その逸失利益の算定には生活水準の違いから問題になる事があります。

日本は世界的に見て生活水準が高い国です。したがって、外国人の母国の生活水準が低い場合には、逸失利益を日本の賃金水準で計算するのか、母国の賃金水準で計算するのかが問題となります。

結論から言えば、生活の本拠がどちらにあるかで決まってきます。日本に在留資格を持っていて日本で収入を得ている外国人であれば、日本の水準で逸失利益は算定されます。ですので、ちょっとした旅行のときに交通事故にあった場合などには、母国の水準で算定されます。

とはいっても、外国人の逸失利益の算定にはまだまだ解決されていない問題があり、上記説明にしても一部の例であり、実際に交通事故が起きた場合には個々に対応する必要があります。

@

このページでコメント、FAQ(無料) 匿名、無料でご利用いただけます。