喪失期間~ライプニッツ係数~

後遺障害の逸失利益を計算する際に使用するライプニッツ係数を表にしました。

ライプニッツ係数は、年5%の中間利息を控除した時に対応しています。

例えば、喪失期間が3年の場合のライプニッツ係数は2.7232となり基礎年収×老僧喪失率「×3」ではなく「×2.7232」となります。中間利息を控除する考え方は、本来3年間にわたって分割して得られるものを一度に全部手に入れることによる利益を控除するというものです。交通事故で利益がでることは許されないという事ですね。

なお、ライプニッツ係数とは別にホフマン係数というものもありますが、逸失利益の計算ではまず使われる事はないので無視してください。

労働能力喪失期間ライプニッツ係数労働能力喪失期間ライプニッツ係数
係数係数
10.95243516.3742
21.85943616.5469
32.72323716.7113
43.54603816.8679
54.32953917.0170
65.07574017.1591
75.78644117.2944
86.46324217.4232
97.10784317.5459
107.72174417.6628
118.30644517.7741
128.86334617.8801
139.39354717.9810
149.89864818.0772
1510.37974918.1687
1610.83785018.2559
1711.27415118.3390
1811.68965218.4181
1912.08535318.4934
2012.46225418.5651
2112.82125518.6334
2213.16305618.6985
2313.48865718.7605
2413.79865818.8195
2514.09395918.8758
2614.37526018.9293
2714.64306118.9803
2814.89816219.0288
2915.14116319.0751
3015.37256419.1191
3115.59286519.1611
3215.80276619.2010
3316.00256719.2391
3416.1929

無料相談

お問合せ

このページのTOPへ移動

質問・返信をご自由にどうぞ。特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

この記事に関する無料質問はこちらへ