第2回キャンペーン~お陰様で18年~基本料金0円>>

喪失期間~ライプニッツ係数~

後遺障害の逸失利益を計算する際に使用するライプニッツ係数を表にしました。

ライプニッツ係数は、年5%の中間利息を控除した時に対応しています。

例えば、喪失期間が3年の場合のライプニッツ係数は2.7232となり基礎年収×老僧喪失率「×3」ではなく「×2.7232」となります。中間利息を控除する考え方は、本来3年間にわたって分割して得られるものを一度に全部手に入れることによる利益を控除するというものです。交通事故で利益がでることは許されないという事ですね。

なお、ライプニッツ係数とは別にホフマン係数というものもありますが、逸失利益の計算ではまず使われる事はないので無視してください。

労働能力喪失期間 ライプニッツ係数 労働能力喪失期間 ライプニッツ係数
係数 係数
1 0.9524 35 16.3742
2 1.8594 36 16.5469
3 2.7232 37 16.7113
4 3.5460 38 16.8679
5 4.3295 39 17.0170
6 5.0757 40 17.1591
7 5.7864 41 17.2944
8 6.4632 42 17.4232
9 7.1078 43 17.5459
10 7.7217 44 17.6628
11 8.3064 45 17.7741
12 8.8633 46 17.8801
13 9.3935 47 17.9810
14 9.8986 48 18.0772
15 10.3797 49 18.1687
16 10.8378 50 18.2559
17 11.2741 51 18.3390
18 11.6896 52 18.4181
19 12.0853 53 18.4934
20 12.4622 54 18.5651
21 12.8212 55 18.6334
22 13.1630 56 18.6985
23 13.4886 57 18.7605
24 13.7986 58 18.8195
25 14.0939 59 18.8758
26 14.3752 60 18.9293
27 14.6430 61 18.9803
28 14.8981 62 19.0288
29 15.1411 63 19.0751
30 15.3725 64 19.1191
31 15.5928 65 19.1611
32 15.8027 66 19.2010
33 16.0025 67 19.2391
34 16.1929
@

このページでコメント、FAQ(無料) 匿名、無料でご利用いただけます。