逸失利益が認定されない!?~差額説か?労働能力喪失率か?~

[記事公開日]
[最終更新日]

後遺障害の等級が認定されたのにも関わらず逸失利益が認められない場合があります。

それは、逸失利益には2つの考え方があるからです。
それは差額説と呼ばれるものと労働能力喪失説と呼ばれるものです。

差額説とは、後遺障害が残ったとしても交通事故前に比べて現実の収入に差がなければ逸失利益は認めないという考え方です。

労働能力喪失説とは、後遺障害が残ったこと事態を損害と考えて、収入減がなくても逸失利益を認めるという考え方です。

交通事故実務では、労働能力喪失説とすることが多いですが、厳しい保険会社の担当者や裁判になった場合などでは差額説にすることがあります。差額説を採用すれば収入減が発生していなければ逸失利益が認定されないといったことになります。

では、被害者の立場から差額説に対抗して逸失利益を認定させることは出来るのでしょうか?

それは可能です。

後遺障害に対する本人の特別な努力、部位、程度などを総合的にまとめ「よって、逸失利益は認定されなくてはならない」と請求をするのです。


お問合せ

この記事「逸失利益が認定されない!?~差額説か?労働能力喪失率か?~」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend