料金改定のお知らせ 平成25年11月1日より

料金改定のお知らせ 平成25年11月1日より

[記事公開日]

報酬自体には変更はございませんが、今迄弊所にて負担をしていた消費税を報酬に反映させていただく事になりました。

消費税の増税により、その負担を吸収しきれないと判断した事によるものです。

これにより、平成25年11月1日以降の業務委任契約書の内容が変更されます。つまり、業務のご依頼時に締結する契約書に記載されている報酬規定に「消費税別途」というが記載が加わることになります。

例えば、現在「10%」という報酬が「10.5%」「10.8%」などに変更となります。

平成25年11月1日以降に業務のご依頼を頂いた場合には、現在の料金に加え消費税が加算されますので、ご理解の程宜しくお願いいたします。

なお、11月1日までにご依頼の意思を頂いていた場合には、改定前の料金での契約となります。


お問合せ

この記事「料金改定のお知らせ 平成25年11月1日より」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • 斎藤
    • 2015年 1月 27日

    初めまして。全国対応との事でしたので、メールさせて頂きます。
    事故の概要は信号待ち時に後ろから追突され、頚椎捻挫、腰椎挫傷との診断でした。
    また、事故の当日は夕方遅くに病院へ行こうと思いましたが、外来の受付をしている病院が近場に無く、夜間まで対応している整骨院に掛かりました。相手方の保険会社の担当者から、整形外科で、診断書を貰って欲しいとの事でしたので、上記の診断書を貰った次第です。レントゲン撮影、握力検査、首や体を捻って痛みの有無?を確認されたと記憶していますが、それがどの様な検査をして頂いたのかわかりませんし、処方されたのが漢方薬でした。本日(事故から二週間目)事故当日から出ている頭痛がずっと治らないので、脳神経外科で、CTを撮影し、脳には異常は無いので、安心してと、頭痛薬と、筋肉の緊張を取る薬を処方頂きました。その先生に事故からの成り行き、整骨院に最初に行った事と、整形外科で漢方薬を処方された事を話すと、ハッキリは言われませんが、否定的でした。まだ、事故から二週間ですので、後遺障害が残るかはわかりませんが、相談する相手も居らず、このサイトに辿り着きました。また、頭痛や首、肩、腰の痛みがこのままずっと残るのでは?と不安に悩まされております。後遺障害に対応しながら(出ないに越した事は無いのですが。)治療を続けて行きたいと思っています。
    付きましては、当方札幌なのですが、病院の選び方や検査を申し出る方法などのアドバイスを頂きたく、また後遺障害となる際にはご相談を引き受けて頂きたく、勝手なお願いではございますが、御教示頂けます様、お願い申し上げます。

    • 交通事故では後遺障害の有無にかかわらず病院に通院をして診断を受ける必要があります。

      さて、頭部外傷という診断がついていないことから、頭痛は頸椎由来もしくは腰椎由来と考えられます。ただ、脳外の先生が否定的だったというのは、何に対して否定的だったのかよくわかりません。漢方薬のことかもしれませんが、これは医師の方針の違いと言えます。

      通院先というよりは、書類上で確認したときに適切な治療が行われているか?という事が大切です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


料金改定のお知らせ 平成25年11月1日よりのTOPに戻る