自賠責の後遺障害

後遺障害申請代理のプロがお届けする、交通事故の後遺障害の「不安と疑問と金銭問題」を解決する交通事故の後遺症専門のサイト

自賠責の代理についての考え方
後遺障害診断書の書き方は重要?
~症状固定~後遺障害と判断する時期は?
後遺障害認定の基準の基準~4つの大前提ポイント~
後遺障害の等級審査は書類のみ!
後遺障害診断書とは?
後遺障害
後遺障害の悩み
骨折・脱臼の後遺障害
頸椎捻挫・むちうち・腰椎捻挫
後遺障害の慰謝料と逸失利益
後遺障害の異議申立

最新コンテンツ

[5月12日] 自賠責保険の保険金等、自賠責共済の共済金等の支払基準

第6 減額  2.受傷と死亡または後遺障害との間の因果関係の有無の判断が困難な場合の減額 被害者が既往歴などを有していたため、死因または後遺障害発生原因が明らかでない場合等受傷と死亡との間及び受傷と後遺障害との間の因果関 […]

[7月13日] 頚部神経症状の検査表

症状固定時の神経学的所見を(頚部神経症状)を後遺障害診断書とは別のA4用紙に記載するときがあります。元々これに似た書式をWEB上で見かけますが、必要に応じてそれをよりリアルな内容にしたものを使用しています。 例えば、腱反 […]

[7月2日] 後遺障害の立証にMRIは必要か?

交通事故で後遺障害の認定を得るには、残存する症状が他覚的に証明されている事が必要とされています。この他覚的に証明されている事を自賠責では他覚的所見と言います。 そして、ここでの他覚的とは、自覚症状だけではなく、第三者が客 […]

新着コメント

ご依頼の料金について
サイトの全ページを暗号化(SSL通信)しました
LINEによるご質問を受け付けております
順次サイト通信を暗号化中
サイトに対するご要望、ご意見をお聞かせください。

更新された記事のご紹介

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


新サーバー移行作業のTOPに戻る