第16条の6

[記事公開日]
[最終更新日]

自賠責では、重要事案について、支払わない時や支払った時は国土交通省に届け出なければならない事になっています。

重要事案とは、死亡事故などの、保険金額が大きい交通事故の時です。

これを怠ると、その保険会社の取締役は100万円の過料に科せられます。

第16条の6

保険会社は、保険金等の支払の適正化を図る必要性が特に高いものとして国土交通省令で定める死亡その他の損害に関し、保険金等を支払つたとき又は第十六条の四第三項の規定による書面の交付をしたときは、遅滞なく、国土交通省令で定めるところにより、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「第16条の6」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


第16条の6のTOPに戻る
//kz //ここから構造化データの記述 //kzend