下肢の欠損障害・足の後遺障害

下肢の欠損障害・足の後遺障害

[記事公開日]
[最終更新日]

喪失後遺症は、下肢欠損障害として以下の後遺障害認定基準が定められています。

第1級の8 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
第2級の4 両下肢を足関節以上で失ったもの
第4級の5 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
第4級の7 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
第5級の3 1下肢を足関節以上で失ったもの
第7級の8 1足をリスフラン関節以上で失ったもの

下肢をひざ関節以上で失ったものとは、下記に当てはまる後遺障害をいいます。

1.股関節において寛骨と大腿骨を離断した人
2.股関節とひざ関節の間において切断した人
3.ひざ関節において、大腿骨と脛骨及び腓骨とを離断した人

下肢を足関節以上で失ったものとは、下記に当てはまる後遺障害をいいます。

1.ひざ関節と足関節との間において切断した人
2.足関節において、脛骨及び腓骨と距骨とを離断した人

リスフラン関節以上で失ったものとは、下記に当てはまる後遺障害をいいます。

1.足根骨(踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、3個の楔状骨)において切断した人
2.リスフラン関節において中足骨と足根骨とを離断した人


お問合せ

関連キーワード:

この記事「下肢の欠損障害・足の後遺障害」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


下肢の欠損障害・足の後遺障害のTOPに戻る