レーザー治療とは?


ここでのレーザー治療とは、腰痛などに対する低出力レーザーのことを言います。

この低出力レーザーは、どれほど効果があるのか実際のところよく解っていないものです。なぜならデーターが少なく、論文も「効果がある」というものが多い程度のものです。

交通事故の治療には、その相当性と妥当性が必要で、これらがなければ治療費は賠償の対象となりません。では、交通事故の怪我に対するレーザー治療費は賠償の対象となるかといえば「妥当性に大きな問題はない」という表現になります。

後遺障害から話がそれ、賠償の話になってしまいましたが、後遺障害上ではレーザー治療は14級レベルの治療法の一つとお考えください。


お問合せ

関連キーワード:


このページのTOPへ移動

質問・返信をご自由にどうぞ。特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

この記事に関する無料質問はこちらへ



“レーザー治療とは?”の2件のコメント

  1. 原崎友暁 より:

    私は生活保護を受けていますが現在レーザー治療を受け症状が固定した状態です14級に該当しますか?もし該当すれば14級は障害年金とは考えられませんか?車にぶつけられ痛い思いをしてその慰謝料や賠償金が市役所に払うのはどうしても納得がいきません何か良い方法はありませんか?