整骨院に通院して交通事故の治療を行う場合の注意点

交通事故で接骨院と整骨院に通院するときは後遺障害に要注意!

[記事公開日]
[最終更新日]

交通事故で整骨院などに通院をするのは被害者の自由

交通事故の受傷内容、被害者のおかれている状況によって、整骨院接骨院へ通院が行われる事があります。

ただ、この整骨院や接骨院への通院は、交通事故ではあまり通院をすべきではないという事も言われています。では、後遺障害の等級を獲得する上でどのような影響が出てくるのでしょうか?

整骨院や接骨院の取り扱い

後遺障害の認定では、整骨院や接骨院は医療機関とみなされず、その受傷の内容によっては「十分な治療を行っていない」とみなされ、等級が取り難くなるのが一般的です。等級を取りに行くためには医師による診断が必要になってきます。整骨院や接骨院では、診断を行う事ができず「診断書」が発行されないので、症状の立証ができなくなり、症状の一貫性を説明するかも?という程度にしかできません。

よって、これに対抗し等級の認定を得るには、「十分な治療を行ったにもかかわらず残存する症状があること」を説明する必要がありますが、殆どの場合、時間と費用が必要となります。すでに整骨院や接骨院へのみ通院を行っている方は要注意です。数カ月の間、整形外科などの病院に通院をしていない場合は、すでに後遺障害への道は閉ざされている可能性が極めて高いです。

まだ、数週間しか”整骨院だけ通院”をしていないという時は、その対策としては、整形外科などの医師のいる「病院」へ並行通院を開始する事です。

病院には医師がいます。レントゲンや薬の処方、血液検査により診察をして診断を行う事が出来ますが、整骨院や接骨院では、柔道整復師が施術にあたります。

症状固定時に作成する最も重要な書類の一つに後遺障害診断書(必須書類)がありますが、診断というくらいですから、やはり医師による診断は重要なのです。その診断書の作成する医師が、症状の経過を見ていないとなれば、診断書の信憑性も薄らぐという事になります。

後遺障害を調査を行う自賠責調査事務所は、「本当に痛いのなら病院に行くのが当然」と考えています。逆に言えば、接骨院に通院をしていても「本当に痛いのだろう」と思わせる治療内容であれば、万が一後遺症が残存した場合を考えても、接骨院への通院を否定する必要は全くありません。これはつまり、先ほど述べた病院と整骨院等の併用という事です。

なお、後遺障害には診断が必要なので、病院に通院を行っていない期間が長い、つまり、整骨院や接骨院だけの通院期間が長い(病院に通っていない)と後遺障害は認定されません。しかし、これは絶対的ルールではなく、西洋医学的な証拠が揃っていれば、後遺障害は認定されます。西洋医学的な証拠とは、病院で行った検査で明らかな異常が確認できたものの事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

関連キーワード:

この記事「交通事故で接骨院と整骨院に通院するときは後遺障害に要注意!」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • すずき
    • 2014年 6月 27日

    こんにちは先日オートバイ(自分・直進)車(相手・右折)の事故に会い整形外科と整骨院に通い始めました。 今の段階で頭痛はきけや脱力感しびれがあります。
    医師からはもう整骨院へ通うなと言われました。
    その整形は事故に強い整形ということで伺いました。新車が買えるなどとおっしゃっているようです。将来後遺認定を取るにあたり今から必要なことはありますか?可能なようでしたら教えてください。よろしくお願い致します

      • 戦略法務
      • 2014年 7月 09日

      こんにちは、行政書士の笠原です。
      後遺障害とは後遺症が残った時にそれが等級と認定されたときに、賠償金として補償される制度です。
      事故につい良い整形で新車が変えるという意味がよく解りませんが、どのようなものでも症状の立証に努めることが常に行う際前主となります。
      そう言った意味で、医師との関係も良好に保つ必要があり、現在先生の言う事は守る必要があると思われます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 肩鎖関節脱臼での鳥口鎖骨靭帯断裂や肩鎖靭帯断裂について…
  2. 被害者請求について。後遺障害の申請は任意保険の事前認定ではなく自ら被害者請求で申請を行う被害者請求に…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


交通事故で接骨院と整骨院に通院するときは後遺障害に要注意!のTOPに戻る