後遺障害診断書を書き直した?

後遺障害診断書を書き直した?

[記事公開日]

後遺障害診断書を書き直したという相談を受けるときがあります。この場合には、後遺障害の申請前か、それとも結果が出ている段階かで対応が変わってきます。

後遺障害の申請を行う前に後遺障害診断書を書き直した場合

後遺障害の申請を行う前であれば、書き直した後遺障害診断書で後遺障害の申請を行うことが出来ます。後遺障害診断書を書き直したという事は、元々あった後遺障害診断書には不備があったという事(要:医師に確認)になりますので、被害者請求の時に元々あった後遺障害診断書を提出する必要はありません。

後遺障害の結果が出てから後遺障害診断書を書き直した場合

後遺障害の結果が一度出た場合に、既に提出した後遺障害診断書は無かったことにして、改めて後遺障害の申請を行うという事はできません。すでに結果が出てから、新たな後遺障害診断書が発行された場合は、異議申し立てを行う事になります。もちろん、この時の医証は、書き直した後遺障害診断書が主となります。

もっとも、後遺障害の認定内容に不満があるからこそ、新たな後遺障害診断書を作成する事が多いと思いますが、既に出された後遺障害の結果に対して新しい後遺障害診断書のみで異議申し立てを行って望む結果が得られるかどうかは別の問題と考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せ

この記事「後遺障害診断書を書き直した?」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. シビレなどがある場合には要注意です。…
  2. 準備中関節の可動域は人の関節の動きが何かしらの原因によって関節の動きが正常でないときに確認・計測…

サイトに一言

*内容は問いません。ご自由に思いのままをお知らせください。

メッセージ内容 (必須)

スパム防止のためチェックをお願いします



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


後遺障害診断書を書き直した?のTOPに戻る