任意基準の後遺障害慰謝料

交通事故の受傷で後遺症が残り、後遺障害の等級が認定されると加害者の任意保険会社から後遺障害に対する慰謝料が支払われます。この任意保険の慰謝料には自賠責保険の慰謝料が含まれます。

等級任意保険の慰謝料自賠責保険の慰謝料
1級1300万円1100万円
2級1120万円958万円
3級950万円829万円
4級800万円712万円
5級700万円599万円
6級600万円498万円
7級500万円409万円
8級400万円324万円
9級300万円245万円
10級200万円187万円
11級150万円135万円
12級100万円93万円
13級60万円57万円
14級40万円32万円

14級を例に取ると、任意保険からは40万円が支払われますが、そのうち32万円は自賠責保険から支払われますので、任意保険の手出しは8万円ということになります。

なお,上記の任意保険の慰謝料基準は目安であって会社や担当者によってバラつきがあります。


無料相談

関連キーワード:

お問合せ

このページのTOPへ移動

質問・返信をご自由にどうぞ。特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

この記事に関する無料質問はこちらへ


“任意基準の後遺障害慰謝料”の2件のコメント

  1. HM より:

    前のレンジの人の素振りのドライバーがこちらの顔面を直撃
    (100%相手の過失)鼻と口の間の右側よりが2センチ弱裂傷 傷は一生残る(口中の裂傷は2針ぬったがみえないところ)と形成外科の先生は言ってますが これって後遺症の14等級とかにでも該当しないのでしょうか?
    ずっと残ると言われて単なる実費と微々たる慰謝料では
    なんか釈然しないのですが・・

    • 戦略法務 より:

      耳鼻汗記基準での後遺障害に該当するためには3センチ以上の線状痕が必要となります。