自賠責保険の保険金等、自賠責共済の共済金等の支払基準

自賠責保険の保険金等、自賠責共済の共済金等の支払基準

[記事公開日]
[最終更新日]

第6 減額 

2.受傷と死亡または後遺障害との間の因果関係の有無の判断が困難な場合の減額

被害者が既往歴などを有していたため、死因または後遺障害発生原因が明らかでない場合等受傷と死亡との間及び受傷と後遺障害との間の因果関係の有無に判断が困難な場合は、死亡による損害及び後遺障害による損害について、積算した損害額が保険金額に満たない場合には積算した損害額から、保険金額以上となる場合には保険金額から5割の減額を行う。
(平成23年告示に基づく)


関連キーワード:

この記事「自賠責保険の保険金等、自賠責共済の共済金等の支払基準」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は
下記フォームにご自由にご記入ください。
完全に無料です。お気軽にどうぞ!(24時間受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問内容。お問合わせ、コメント、一言】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する回答などは管理人が承認後このURLで確認できます。


直接のお問い合わせは直接連絡の方法からご質問ください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 後遺障害・裏・戦略サポートのサイトを順次HTTPSに変更しています。HTTPSとは(wiki)これに…
  2. 2017/9/18

    肩腱板断裂
    腱板損傷による肩の可動域制限で12級6号か10級10号の認定が主になりますので、リハビリと症状固定時…

同じカテゴリー内で良く見る記事

  • 該当なし
自賠責保険の保険金等、自賠責共済の共済金等の支払基準のTOPに戻る