自賠責保険の上限金額には3種類ある

[記事公開日]
[最終更新日]

自賠責保険には傷害部分死亡事故後遺障害部分の3つに分けて上限金が決められています。

傷害部分

症状固定までの損害金の事で上限金は120万円となっています。さらに細目ごとに上限金や定額が定められています。

死亡事故

上限金は3000万円となっています。

後遺障害部分

後遺障害の等級によって上限金が定められていて最高では4000万円となっています。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「自賠責保険の上限金額には3種類ある」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しいページ

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend