自賠責保険の傷害部分・120万円の中身

[記事公開日]
[最終更新日]

自賠責の傷害部分では、次の表を基本として損害金が計算されます。この計算方法で120万円を超えた場合は、120万円が支払われて終わりです。あとは、後遺障害部分または死亡事故の枠を使う事になります。



診察料や手術料、または投薬料や処置料、入院料等の費用など。治療に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。原則として病院での治療費となります。


原則として12歳以下の子供に近親者等の付き添いや、医師が看護の必要性を認めた場合の、入院中の看護料や自宅看護料・通院看護料。入院1日4,100円、自宅看護か通院1日2,050円。これ以上の収入減の立証で近親者19,000円、それ以外は地域の家政婦料金を限度に実額が支払われます。
諸雑費入院中に要した雑費。原則として1日1,100円が支払われます。




通院に要した交通費。通院に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。電車やバスは領収書の必要がありません。タクシー代は領収書が必要です。





義肢や義眼、眼鏡、補聴器、松葉杖などの費用。必要かつ妥当な実費が支払われ、眼鏡の費用は50,000円が限度です。






診断書や診療報酬明細書などの発行手数料。発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。


交通事故証明書や印鑑証明書、住民票などの発行手数料。発行に要した、必要かつ妥当な実費が支払われます。



交通事故の傷害で発生した収入の減少(有給休暇、家事従事者を含む)。原則として1日5,700円。これ以上の収入減の立証(休業損害証明書など)で19,000円を限度として、その実額が支払われます。


交通事故による精神的・肉体的な苦痛に対する補償。実通院1日に対して4,200円が支払われ、通院期間を上限として×2となります。対象日数は被害者の傷害の状態、実治療日数などを勘案して治療期間内で決められるとされています。




お問合せ

関連キーワード:

この記事「自賠責保険の傷害部分・120万円の中身」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • みい
    • 2016年 8月 16日

    6月末に自転車1:自動車9(私)の事故をおこしてしまいました。相手は転倒のさいに左肘を打撲で全治10日との診断書でした。こちらの保険会が「貴方の方が悪いのだから修理代は全額支払ったほうが丸く収まりますよ。」と、言われましたはじめは納得してしまいましたが、後々考えると相手にも過失があるので全額はおかしいなと思い過失割合で変更できないか?と相談したら「事故現状を勘違いしていて相手にも批はありますが後からの変更で相手に過失ぶんを請求すると駄々をこねて通院する可能性があります。120万を越えた場合実費になりますよ?」と、言われました。
    全額はらうべきなのでしょうか?
    打撲ならだいたいの保険会社は引っ張っても半年で打ちきりますよね?120万越えるものなのでしょうか?

    • 全額払うかどうかは当事者の考え次第です。これは任意保険を使用しないという前提でのお話でしょうか。
      120万円を超えるかどうかは通院状況等で決まるので、事故から半年という期間でそれが超えるかどうかは判断できません。
      なお、120万円を超える部分を支払うのが保険会社の役割で、物損の賠償金を支払うのも保険会社の役割です。

    • 2014年 2月 04日

    返信有り難うございます、先日レントゲンを撮りました、骨折はお陰さまで治ってると言われました、神経の痛みですが、肋骨部分が痛む旨を医師に伝えたところ肋骨神経だろうと言われました、痛みは当初は強い痛みがありましたが、今は強い時と弱い痛みとで毎日痛み夜寝ていても痛む時があります。
    一週間分の痛み止めをもらいましたが、その痛みの為の治療はないと言われしていただいていません。

      • 戦略法務
      • 2014年 2月 08日

      心配であれば他院での診察をお勧めします。痛みがあるという事は異常があるからで、その原因をはっきりさせなければ治療もできません。

    • 2014年 2月 01日

    昨年7月に事故で肋骨骨折し、現在で半年間通院しています。
    当初から六間神経痛のような痛みがあり整形外科と整骨院に通院しています。
    通院回数は115回です。
    整形の先生からは神経痛は経過観察でと言われました。
    私の場合は後遺症障害はうけれますか。
    また、この時期に示談した場合は慰謝料はどのくらいになるのでしょう。

      • 戦略法務
      • 2014年 2月 02日

      肋骨の骨折ははっきり確認されていますか?
      骨の癒合はどういう状況ですか?
      痛みに対してどのような治療をどのような頻度で行いましたか?
      神経経痛の診断の根拠は何ですか?
      痛みは一定以上に強いですか?

      後遺障害について、自賠責が優しく質問してくれるなら、このように質問して等級の判断をすると思います。

    • 行政書士 笠原 仁
    • 2013年 7月 10日

    • はなみずき
    • 2013年 7月 10日

    横断歩道横断中、右折車が突っ込んで第一腰椎圧迫骨折。入院、リハビリ、通院中です。いろいろ保険にはいっていて診断書(専用用紙)が必要です。費用は相手保険会社が負担してくれますか?

      • 戦略法務
      • 2013年 7月 10日

      被害者自身が独自に加入している保険に提出する診断書料金はすべて自費となり、加害者には請求を行う事はできません。

    • たか
    • 2013年 4月 06日

    12月19日におかまをほられました、12月20日からリハビリにかよっています、ほぼ毎日通っています、休業手当てと4200円が支払われると聞きました、リハビリの治療費が二月いっぱいで20万かかっていてこのまま4月末でうちきりたいと電話がありました、4月までリハビリに通います治療費は限度額120万の中に入るのでもらえる金額が減りま
    すが、120万を越えた分は任意保険で支払ってもらえるのでしょうか?
    それとも治療するのを週に何回かにし治療費を押さえるべきでしょうか、もう限度額を越えているかギリギリだとおもいます、、、
    あと休業手当てはおりないとか意味のわからないことをゆわれたのですがそれはありえませんよね、
    知識不足ですいません、ムチウチで天気によって差はありますがもらえるものなら多くの金額をもらいたいです、有利な方法を教えてください、宜しくお願いしますー(__)

      • 戦略法務
      • 2013年 4月 06日

      4200円とは自賠責の慰謝料のことで通院日数から計算します。120万円を越えた時点から任意保険の基準となり、休業損害も認定されるべきで妥当なのか、妥当でないのか、任意保険と交渉することになります。

      休業損害もを払わないと言い出したのは自賠責をはみでるからかもしれますん。

    • ヨッシー
    • 2013年 3月 06日

    足をひき逃げされたが、ナンバーからすぐに犯人が分かり警察に出頭。当方打撲程度であり、保険で対応するからと言われ人身事故証明と診断書をとり、その場は和解しました。
    1か月以上待たされた挙句、保険会社から「運転者は事故の認識がないと言っているので当社では対応できない。自賠責に請求したらどうか。」と言われた。全く約束が違うし誠意も感じられず納得がいきません。これが当たり前の対応なのでしょうか?

      • 戦略法務
      • 2013年 3月 07日

      当たり前とは言いません。ただ、事故証明は出ているという事でしょうか。だとすれば、その理由で保険会社が対応を拒否するというのは考えにくいです。

      その他にもいろいろ細かいことがあるかと思いますので、すぐに一度、自賠責に請求をして、自賠責で有責を取ってから改めて任意保険に対応を求めるという方法が手続き的には一番楽だと思われます。。

        • ヨッシー
        • 2013年 3月 07日

        ありがとうございます。
        取り敢えず自賠責で請求し、その後を考えてみます。

    • はっち
    • 2013年 1月 30日

     息子のバイク同市の事故 物損3:7 人身 そのあたりで検討中とのこと。ところが、息子のほうのバイクの自賠責が切れていることに事故後気づきました。(任意保険は入っています) 相手側への治療費の支払いが実費になると聞いて、今はとても不安です。相手側は左腕打撲と軽度骨折で4か月の通院、息子は高次脳機能障害、運動強調障害で入院中

      • 戦略法務
      • 2013年 1月 30日

      一般的には、自賠責保険が切れている場合は、自賠責基準の賠償金である120万円は自腹となります。ただし、後遺障害が残った場合は別途後遺症の自賠責分の賠償金が実費で必要となります。

    • 黒柳 美恵子
    • 2013年 1月 26日

    踏切で停車中の私の車に追突して、私に3週間の頸椎捻挫の診断書がでたら、相手の保険会社から3週間は長すぎる
    から2~3日の通院やめるように言ってきます。どうしたら良いでしょうか?

      • 戦略法務
      • 2013年 1月 28日

      相手の保険会社が2,3日で通院をやめるように言ってくるというのは異常です。その根拠を明確に示すよう要求し、こちらは医師の診断を盾に交渉をするべきだと思われます。

    • 堀下圭一
    • 2012年 9月 10日

    ハミ出し禁止のセンターラインを超え、対向車に正面衝突しました。この事故で加害者の運転手自身も入院しました。その時の加害者が、被害者の自賠責に入院費の請求ができるのでしょうか?

      • 戦略法務
      • 2012年 9月 11日

      基本的にはできないとお考えください。ただし、何らかの理由で自賠責から損害賠償金が支払われることはありうることです。これは請求をしてみないとわかりません。

    • 西野栄一
    • 2012年 8月 26日

    自転車に乗っていて軽自動車に接触されました。転倒の際に腰を打ち腰椎圧迫骨折し、救急外科で保険証の提示を求められたので支払に保険を使ってしましました。投薬も保険証を使いました。加害者の自賠責保険に請求しようと考えていますが、今後、病院、薬局とどのように話を進めたら良いでしょうか。

      • 戦略法務
      • 2012年 8月 29日

      そのまま健康保険を使用していて構いません。健保使用で自賠責に請求をすることになります。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新しいページ

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend