後遺障害等級表に存在しない後遺症が残った場合は?

[記事公開日]
[最終更新日]

自賠責では、後遺障害の等級は後遺障害等級表に基づいて決定されます。

例えば、交通事故が原因で視力が低下し、その視力が0.6以下となった時には「1眼の視力が0.6以下になったもの」として13級1号が認定されことになります。

しかし、全ての後遺症が等級表に存在するものとは限りません。たとえば、聴力障害で最も低い等級は11級ですが、その基準は両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上となった場合です。つまり、両耳が静かな住宅街の騒音以上の音の大きさでなければ聞き取ることが出来ない状態よりも悪い状態でなければ、後遺障害は認定されない事になります。

では片耳が全く聞こえなくなった場合でもう片方が健常な場合はどうでしょうか。

片耳が聞こえなくなった場合の一番低い等級は7級です。しかし、これには条件があって、聞こえなくなった耳と反対側の耳の聴力にも平均純音聴力レベルが60dBでなければならないと決められています。60デシベルと言えば、会社事務所程度の騒音です。

つまり、片耳が全く聞こえなくなった場合でもう片方が健常な場合は、そのような基準が後遺障害の等級表には存在しないので、等級には当てはまらないとなります。

しかし、後遺障害では「各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。」という決まりがあります。よって、等級表に存在しない後遺症であっても、自賠責で後遺障害の認定を得る事は可能です。

後遺障害等級表にない、存在しない後遺障害

等級表に存在しない後遺障害が後遺障害と認定される理由としては2つあります。

1、後遺障害等級表には無いが、その基準が別途決められているもの
2、後遺障害等級表にも無く、別途決められた基準も存在しない

1の例として、てんかんでは「発作の発現はないが、脳波上に明らかにてんかん性棘派を認めるもの」は12級とするという隠れ認定基準があります。ただ、これらはある程度予想がつくことです。なぜならば、12級には「局部に頑固な神経症状を残すもの」という認定基準があるからです。

しかし、2の場合は簡単なことではありません。なぜなら、その後遺症について、*自賠責に新しく認定基準を設けさせるというくらいの努力が必要だからです。もちろん、その努力は”原則”として被害者側が行う事です。
(*実際に自賠責に新しい認定基準を設けさせるという事ではありません。)

このような時は、後遺障害の等級を得るために、前述の”努力”によって等級を獲得しなければなりません。

例えば、交通事故により顔にかなりの外傷を負ったが、治療の効果もあって傷痕も残らなければ痛みなどの神経症状も残らず、腕の良い形成外科のおかげで外見も一般的なものと変わらない顔に戻ったとします。しかし、一見何の障害もおっていない顔だとしても、家族ですら判断できないほど事故前とは別人の顔になってしまったらどうでしょうか。

これに合致する後遺障害の認定基準はありません。もちろん隠れ認定基準にも存在しません。しかも、この例では、治療によって健常者と言えるまでになっており、医学的に立証できるかという後遺障害の一番のポイント以前に、そもそも何が障害なのか?という、そもそも論の問題もあります。

被害者としては許しがたい「別人の顔になってしまった」という事に対する等級を得るには、相当な努力が必要ということができます。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「後遺障害等級表に存在しない後遺症が残った場合は?」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • やすかわ
    • 2015年 11月 13日

    こんにちは、交通事故で追突されてハンドルに頬骨を強打をして4ヶ月たちましたが、まだ患部を押したら痛く打撲痕が残っています。形成外科の先生は、治療は出来ない。との事で事故から6ヶ月たったら、後遺症障害診断書を書きます。と言われました。検査は何もしていません。これで、後遺症障害の認定されるのか不安です。何か検査をした方がいいと思うのですが、宜しくお願いします。

    • 今のままでは、痛みに対する後遺障害は認定されない可能性が高いです。打撲痕というものについても、通常は後遺障害の対象外です。ただし、4か月経過しても残存している事を考えると、それが消えない傷であれば等級の対象となりえます

    • 2015年 10月 09日

    相手損保からの連絡で後遺症が残ると医者に言われた事を伝えたら、先生と面談して後遺症障害の手続きをすると相手損保がいってなましたがその様なことで大丈夫ですか?先生と話をしてからこちらに連絡しますと言ってましたがこらは普通の事なんですか?

    • 治療をきちんと受けて、それでもなお症状が残存するようであれば、後遺障害の手続きとなります。

      ただし、後遺障害診断書を作成した以降は、通院費用などはすべて自費になりますので、そのタイミング(症状固定)を間違えないようにしてください。

    • 2015年 10月 03日

    追突事故後に通院5か月目にMRIを取り首のヘルニアが出てると言われて現在左手三本の指先がしびれていますが後遺症障害認定されますか?治療打ちきりの連絡が来てから診断書を作成してもらうのですか?

    • 後遺障害は14級9号が認定される可能性がございます。

      後遺障害診断書の作成については、は治療の打ち切りの連絡もしくは患者と医師の相談で決めるのが一般的です。

    • 田中 浩子
    • 2015年 8月 03日

    正面衝突の事故で骨盤骨折とヘルニア
    ヘルニアは老化現象で先生に言われましたが、でも交通事故がなかったら病院に行った事もないのに、それでも後遺症申請できますか?

    • 可能です。
      そのようないわゆる”素因”があったとしても、事故前に症状が無かったのであれば、後遺障害に該当します。

    • しゅら
    • 2015年 6月 19日

    先日人身事故に合い、椎間板損傷と診断されました、左頸部から肩甲骨にたいしての痛みがひどいです、まだ事故から日数が浅いのでなんとも言えませんが、整形外科に通院するにあたってどのようなアプローチが効果的でしょうか?
    ちなみにMRIで椎間が飛び出てるのがハッキリわかります、すいませんが教えて下さい

    • 神経学的所見をきちんとカルテに記載して頂くようお願いしてください。
      そのうえで12級の可能性があると思われるので、それが認定されるように後遺症となったときの立証を怠らないことが重要です。

    • ミルキー
    • 2015年 4月 21日

    昨年夏に原付で出勤の時に転倒し肋骨骨折(7本)鎖骨骨折、全身打撲、額を裂傷をしました。仕事には復帰したものの左肩が上がりにくく後ろにすると少ししか上がらないです。ちなみに仕事は介護職です。動く範囲が限定的になっていますが後遺障害になりますか?

    • その方の可動域の制限が正常と比べてどのくらいの角度になっているのか?というところで、等級の判断は分かれます。もっとも、鎖骨の手術を行っていた場合はまた、別の話となります。

    • えーさん
    • 2014年 9月 18日

    6月1日にブレーキとアクセル間違い、助手席側からぶつかられました。右半身しびれと、右目霞み、腰の痛みが出ました。現在の症状は、腰の痛み、長い時間座っていると背中からこしにかけての痛み、右目視力低下にて、頭痛、パニック障害のかかん気呼吸発作が増えました。介護職も体がきつく、退職へとなりました。子供たち三人おり今後不安です。どうしたらよろしいでしょうか?

    • どの程度まで検査を行ったのか分かりかねますが、検査をしたほうが良いです。

    • さらさ
    • 2014年 6月 19日

    すみません、なにもわからず質問させていただきますがよろしくおねがいします。交通事故で足の薬指を開放骨折し、第一関節まで切除したのですが、診断書には開放骨折としか書いてありません。もちろん爪の部分の指はなく、チクチクと痛みはあるのに触れる感覚があまり感じられません。歩き方も以前とは少し変わってしまいました。病院は、傷はふさがったのであとは慣れるでしょう…とのこと。この場合どうしたらいいのでしょうか、後遺障害とは呼べないのでしょうか(泣)…母子家庭なのでわたしがしっかりしないといけないのに生活に支障がかなり出ていて…どうしたらいいか、苦しいです(泣)

      • 戦略法務
      • 2014年 6月 21日

      自賠責の基準では後遺障害とは言えない事になりますが、知覚に異常が出ており、それが局限的過ぎたとしても、症状に対しては後遺障害が認定されるように症状と支障を立証していけば等級は得られるのではないでしょうか。

    • ブラック摩耶
    • 2013年 11月 11日

    手首の遠位端骨折で、手術はしませんでした。手首の可動いきが、症状固定にて後遺症診断書を書いてもらっていますが、肩関節の影響もあり可動いきがかなり悪いのですが、手首に関してだけの診断書になるのでしょうか?肩関節は骨折とは切り離されて何も診断書に反映されないのでしょうか?宜しくお願い致します。

      • 戦略法務
      • 2013年 11月 14日

      手首のみの受傷であれば、一般的な医学では肩関節の可動域制限の説明できず、きちんとその医学的理由を説明しなければ、書かれたとしても事故との相当因果関係は無しと判断されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


このページの最上部へ。>
//kz //ここから構造化データの記述 //kzend