後遺症が残ったとしてもそれが立証できない場合は交通事故実務においてその症状が後遺障害と認定されることはない

症状が立証・説明できない後遺症は後遺障害にあらず

[記事公開日]
[最終更新日]

交通事故が原因で、適切な治療を行ってもなお残ってしまった症状は後遺症となります。しかし、その症状を立証・説明できなければ、どんなに重度の後遺障害だとしても、交通事故の後遺障害として等級を獲得する事はできません。

この症状立証・説明を行うのは被害者です。

これを任意の損保会社に任せるのは論外ですが、医師に任せるのも疑問が残ります。

わかりやすく例えれば、風邪をひいて病院に行ったとします。すると、体温と聴診器、症状を聞いて「では薬を3日分処方します」ということになります。そして、処方薬を飲んで、少々症状が残っても市販薬でやり過ごす間に自然と治っていく。これが普通の流れです。しかし、交通事故の後遺障害でこのような流れを取る事は許されません。

もし、風邪を交通事故の後遺障害として立証しようとすれば、風邪の原因であるウィルスや細菌がどういった種類のものなのかといった事を調べる必要があります。しかし、そんな検査を行う病院はありません。行わないのが当たり前です。

だからこそ、交通事故の被害者は、自らの症状に一歩踏み込み、「では薬を3日分処方します」で終わらせることなく、医師と協力をしながら症状固定となってしまった場合を考えて、個別具体的に後遺障害の準備をしなければなりません。

症状固定の準備は後遺障害の4つの大前提が基本となり、それを踏まえて個別具体的に対処していくことになります。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「症状が立証・説明できない後遺症は後遺障害にあらず」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • ミヤケ
    • 2017年 1月 22日

    こちらバイク、車との事故で初診は全身打撲、挫創、第4肋骨骨折、で約7針程縫いました。現在、肋骨は完治し、しかし、左手首(腱鞘炎)首から肩の痛み(頸椎捻挫)→トリガー注射、一番厄介なのが左膝ご75度辺りから曲がりません。この前、膝のMRI を撮りましたが整形外科は微妙だね、としながらも異常無しだね、と診断しましたが、「じゃあ何故曲がらないのか?」と強く聞いた所、詳しくは解りませんが筋肉の狗縮か関節の狗縮かな?と言うが原因究明には至らず通院リハビリ中です。弁護士に聞くと、MRI は静止画だから、関節は内視鏡検査をして動かして診断しなさい、と言われて転院考えてます。正直、整形外科のリハビリ(温熱と、低周波のみ)では治る気がしません。また後遺症認定には医学的所見が乏しい気がします。やはり内視鏡検査した方が良いのですかね、個人的には12級7号かな?首と手首の合併で等級が上がる可能性は有りますか?

    • 「個人的には12級7号かな?首と手首の合併で等級が上がる可能性は有りますか?」

      いつごろの交通事故なのか不明ですが、それなりに期間は経過していると考えて、12級に該当する可能性はゼロではないと思われます。首は12級は困難と考えて、手首が12級になるかどうかだと思います。ただ、傷病名等を踏まえると手首の12級というのは妥当でないかもしれません。

      また、後遺障害に該当しないという判断もありうるので、きちんと判断しながら通院をスべき案件だと思います。(内視鏡の是非判断は難しいです。そもそも施行する病院が見つからない場合も多いです)

      何れにしても骨折と7針と縫うほどの受傷です。きちんと症状の立証に努めてください。

    • ビょ-ん
    • 2013年 11月 08日

    5月26日に歩道をランニング中に駐車場から、前方確認を怠った車と事故に遭いました。
    診断結果として、腰椎捻挫・第一腰椎不全骨折・大腿部打撲の診断を受け、3日間(検査)入院しました。
    11月7日現在、通院回数97回しておりますが、この状況で後遺症認定は可能でしょうか?
    よろしくお願いします。

    • ひまわり
    • 2013年 8月 18日

    6月28日に自転車にて走行中、脇見運転のバイクと接触事故をおこしました。
    現在、整形外科に通院しております。
    事故当初は肩、腰、足首の打撲、捻挫との診断でした。レントゲンでは首の骨が通常よりも真っ直ぐになっており異常が見られるとのこと。
    日がたつにつれ首の痛みがひどくなり、MRIを撮ったところ、首の骨が神経にあたっており、完治させるならば手術をしなければいけないが、とりあえずこのまま通院でとの事です。
    この場合、後遺症認定されるのでしょうか?

      • 戦略法務
      • 2013年 8月 19日

      首の骨が神経に当たっているとの事ですが、それは交通事故が原因で生じたものでしょうか。
      これが一番の重要なポイントです。

    • 今 健
    • 2011年 6月 25日

    去年2月17日に仕事中の事故に合い、当日は会社の上司より人身にするなと言われ物損事故処理。約一週間後には痛み耐えられなくなり約1月半後の3月26日に受診。会社は3月22日に早退し次の日より会社から1~2週間休むように言われました。3月26日リハビリ開始するも痛みが強くなり、4月3日より紹介先の病院へ入院。111日後に退院。その後通院リハビリし6月3日に症状固定となりました。強い痛みに悩まされてから日に日に歩けなくなり、受診となりましたが、入院してからも人身事故への切り替え、労災申請ともに上司より待つように言われ、4月末に急に好きにすれ、と一言言われ自分で労災の申請をしました。しかし、最初に受診した病院へは交通事故ではないと嘘まで付かれ労災を阻止されかけたりしたコトもあり、7月15日にやっと認定されました。労災や自賠責への請求に対しても助言や色々教えて頂きたいのですが、事故から37日後に初めて受診だと会社への何かしらの請求や労災隠し、人身事故隠し等で訴えをだすのはムリでしょうか?

      • 戦略法務
      • 2011年 6月 28日

      例外はありますが、原則として事故から37日目に初診を受けたとすると、自賠責の請求では通院が交通事故との因果関係が否定されます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ更新記事

  1. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
  2. 萎縮と拘縮の違い
    筋委縮などで使用され萎縮という言葉に対して、関節拘縮といったように使用される拘縮の違いと後遺症障害認…

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


症状が立証・説明できない後遺症は後遺障害にあらずのTOPに戻る