後遺障害等級表

[記事公開日]
[最終更新日]

交通事故で後遺障害を負った場合に、後遺障害等級表に該当する等級で定められている保険金額を上限として、慰謝料と逸失利益が自賠責より支払われます。あくまでも、後遺障害等級表の金額は、自賠責保険・共済での金額です。

後遺障害等級表

別表第1(平成23年5月2日政令)

等級 介護を要する後遺障害 保険金額 労働能力喪失率

1.神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2.胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4,000万円 100%

1.神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
2.胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3,000万円

 

100%

備考

各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

別表第2 カッコ内は保険金内の定額化された慰謝料金額をあらわします。

等級 後遺障害 保険金額 労働能力喪失率
第1級
  • 1.両眼が失明したもの
  • 2.咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  • 3.両上肢をひじ関節以上で失ったもの
  • 4.両上肢の用を全廃したもの
  • 5.両下肢をひざ関節以上で失ったもの
  • 6.両下肢の用を全廃したもの
3.000万円
(1100)
100%
第2級
  • 1.1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
  • 2.両目の視力が0.02以下になったもの
  • 3.両上肢を腕関節以上で失ったもの
  • 4.両下肢を足関節以上で失ったもの
2.590万円


(958)

100%
第3級
  • 1.1眼が失明し、他眼の視力0.06以下になったもの
  • 2.咀嚼又は言語の機能を廃したもの
  • 3.神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することが出来ないもの
  • 4.胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 5.両手の10指を失ったもの
2.219万円

(829)

100%
第4級
  • 1.両眼の視力が0.06以下になったもの
  • 2.咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 3.両耳の聴力を全く失ったもの
  • 4.1上肢の肘関節以上で失ったもの
  • 5.1下肢を膝関節以上で失ったもの
  • 6.両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 7.両足をリスフラン関節以上で失ったもの
1.889万円

(712)

92%
第5級
  • 1.1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
  • 2.神経系統の機能又は精真意著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 3.胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 4.1上肢を腕関節以上で失ったもの
  • 5.1下肢を足関節以上で失ったもの
  • 6.1上肢の用を全廃したもの
  • 7.1下肢の用を全廃したもの
  • 8.両足の10指を失ったもの
1.574万円 79%
第6級
  • 1.両眼の視力が0.1以下になったもの
  • 2.咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 3.両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 4.1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話し声を会することができない程度になったもの
  • 5.脊柱に著しい奇形又は運動障害を残すもの
  • 6.1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 7.1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
  • 8.1手の5の手指又はおや指及びひとさし指を含み4の手指を失ったもの
1.296万円

(498)

67%
第7級
  • 1.1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
  • 2.両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 3.1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 4.神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 5.胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 6.1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの
  • 7.1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
  • 8.1足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 9.1上肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 10.1下肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 11.両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 12.女子の外貌に著しい醜状を残すもの
  • 13.両側の睾丸を失ったもの
1.051万円

(409)

56%
第8級
  • 1.1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
  • 2.脊柱に運動障害を残すもの
  • 3.1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの
  • 4.1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
  • 5.1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
  • 6.1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 7.1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
  • 8.1上肢に偽関節を残すもの
  • 9.1下肢に偽関節を残すもの
  • 10.1足の足指の全部を失ったもの
819万円

(324)

45%
第9級
  • 1.両眼の視力が0.6以下になったもの
  • 2.1眼の視力が0.06以下になったもの
  • 3.両眼に半盲証、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 4.両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 5.鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  • 6.咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  • 7.両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
  • 8.1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
  • 9.耳の聴力を全く失ったもの
  • 10.神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 11.胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 12.1手のおや指又は親指以外の2の手指を失ったもの
  • 13.1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
  • 14.1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
  • 15.1足の足指の全部の用を廃したもの
  • 16.外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 17.生殖器に著しい障害を残すもの
616万円

(245)

35%
第10級
  • 1.1眼の視力が0.1以下になったもの
  • 2.正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 3.咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  • 4.14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 5.両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
  • 6.1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
  • 7.1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
  • 8.1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
  • 9.1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
  • 10.1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 11.1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円

(187)

27%
第11級
  • 1.両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 2.両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 3.1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 4.10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 5.両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 6.1耳の量直が40センチメートル以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
  • 7.脊柱に変形を残すもの
  • 8.1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
  • 9.1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
  • 10.胸腹部臓器に障害を残すもの
331万円

(135)

20%
第12級
  • 1.1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 2.1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 3.7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 4.1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 5.鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい奇形を残すもの
  • 6.1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 7.1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
  • 8.長管骨に奇形を残すもの
  • 9.1手のこ指を失ったもの廃したもの
  • 10.1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
  • 11.1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
  • 12.1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
  • 13.局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 14.外貌に醜状を残すもの
224万円

(93)

14%
第13級
  • 1.1眼の視力が0.6以下になったもの
  • 2.正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 3.1眼に半盲証、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 4.両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 5.5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 6,1手のこ指の用を廃したもの
  • 7.1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
  • 8.1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
  • 9.1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
  • 10.1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
  • 11.腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円

(57)

9%
第14級
  • 1.1眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 2.3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 3.1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
  • 4.上肢の露出面の手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 5.下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 6.1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
  • 7.1手のおや指以外の手指の末関節を屈伸する事が出来なくなったもの
  • 8.1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
  • 9.局部に神経症状を残すもの
75万円

(32)

5%

備考

1 視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力について測定する。
手指を失ったものとは、おや指は指関節、その他の手指は第一指関節以上を失ったものをいう。
手指の用を廃したものとは、手指の末節の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは第一指関節(おや指にあっては、指関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
足指を失ったものとは、その全部を失ったものをいう。
足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節の半分以上、その他の足指は末関節以上を失ったもの又は中足指節関節若しくは第一指関節(第一の足指に
あっては、指関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって,各等級の後遺障害に相当するものは,当該等級の後遺障害とする。

*等級および後遺障害の欄は「自動車損害賠償保障法施行令別表」から引用

後遺障害等級表の変更

直近では京都地方裁判所平成22年5月27日判決によって出た、外貌の醜状について男女差を設けることは憲法14条1項に反するという判断のもと、障害等級表が改正され、男女差をなくしました。新等級表は平成22年6月10日以後に発生した交通事故に適用されいます。

後遺障害等級表に存在しない症状の等級

後遺障害等級表のどれにも属さない障害が残った時は、個別にその症状がどの等級に相当するか審査します。

そして、その立証された症状が「12級レベルの障害だな」と判断された場合に12級相当という結果が出ます。

たとえば、、顎の骨が変形した場合というのは後遺障害等級表に該当する等級がありあません。そこで、10級の「咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの」や12級の「鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい奇形を残すもの」や9級の「外貌に相当程度の醜状を残すもの」という認定基準を鑑みて、顔の骨の変形がどれくらいの等級に値するのか判断して相当等級が出ます。


関連キーワード:

この記事「後遺障害等級表」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は
下記フォームにご自由にご記入ください。
完全に無料です。お気軽にどうぞ!(24時間受付)

【お名前・ペンネーム可】( 必須 )
E-MAIL( 必須 ) - 公開されません -】

【ご質問内容。お問合わせ、コメント、一言】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する回答などは管理人が承認後このURLで確認できます。


直接のお問い合わせは直接連絡の方法からご質問ください。


    • t.t.t
    • 2015年 5月 23日

    質問させていただきます。
    5月19日に私が路側帯で立っていたさいに、加害者自動車のミラー部分に左腕が衝突しました。
    偶然にも相手方が昔の顧客とゆう事もあり、物損扱いにしています。
    ただ、尺骨神経の症状が強く出ているため
    整形外科は受信中ですが、症状が残存する可能性があります。
    後遺症が残った場合を想定し今の段階からできる対応はあるでしょうか。
    ご教示お願いいたします。

    • 尺骨神経症状の他覚的な所見を得る事と祖r手に対する十分な治療を施すことが重要です。

    • とーま
    • 2015年 5月 14日

    左母指IPが真っ直ぐに硬直したまままったくまがりません。
    左人差し指のDIP PIPも同様です。

    後遺症害等級何級になりますか??

    • 後遺障害等級表によれば、第10級の6に該当すると思われます。

    • さき
    • 2015年 4月 24日

    後遺症害診断書に運動障害胸腰部前屈10度後屈10度右屈15度左屈15度右回旋15度左回旋15度、荷重機能障害常時コルセット装用の必要性有と書かれていました。これで後遺障害何級になるのでしょうか

    • 骨折等の状態にもよりますが、8級相当だと予想されます。

      • さき
      • 2015年 5月 02日

      ありがとうございます。第2腰椎脱臼骨折です後遺症害診断書には車いす使用と書いてありました荷重障害もありと書いてありました。この場合でも8級ですか?

    • はやし
    • 2014年 10月 14日

    初めまして 交通事故で 両膝 腰を 打撲しまして 通院中です 6ヵ月を 過ぎても 直りそうもありません どーしたらいいんですか?

    • 川上
    • 2014年 6月 29日

    交通事故示談しても腰痛の後遺症出たら保証は受けれますか?
    右の腰が悪かったんですけど、
    左が悪くなり2週間になります。

      • 戦略法務
      • 2014年 7月 09日

      示談内容が「一切を放棄する」となっているような内容であればできません。後遺障害の留保付きであれば可能です。

    • 木村 哲也
    • 2011年 5月 18日

    仕事中に 坂道でサイドブレーキが甘くて 走ってきたトラックが 止まってるトラックに追突した 時にてをはさまれて 怪我をしました 仕事中だったので 労災あつかいで 入院 リハビリを してきたのですが 労災では 交通事故あつかいに なりました 労災のてつずきは 会社の総務の人に してもいました
    自賠責保険は 120万までしか おりないから 自賠責保険は 使わず 労災だけつかった かんじです
    そのばわいは 障害が残ったときとか 労災だてしか もらえないのですか?
    ちなみに 手首のほねが 2か所 粉砕骨折で 手術しても 治らなく 手首も 30度くらいしか まがらず
    神経も しびれも なおらないのです

      • 戦略法務
      • 2011年 5月 23日

      労災を使用していても、労災が自賠責保険を使用します。つまり、120蔓延がそのまま残るとは限りません。
      さて、残存数症状についてですが、自賠責保険に後遺障害を申請し等級を獲得することが可能と思われます。(自賠責に申請をすること自体は問題なく可能です。)

ピックアップ更新記事

  1. 事前認定であれば簡単な後遺障害の申請で専門家を必要とする理由は、税理士の税務代理と似ています…
  2. 自賠責保険と自賠責共済の違いについて、法律や規則では同じだが、実際は違う…
後遺障害等級表のTOPに戻る