脊柱に運動障害 第8級の2

次のいずれかによって、頚部胸椎腰椎稼動域が参考稼動域角度の2分の1以下に制限される後遺障害が等級の対象です。

1、頚部、胸椎、腰椎に残っている圧迫骨折等がレントゲン等で確認できること
2、頚部、胸椎、腰椎に脊柱固定手術が行われたもの
3、項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じたものも含まれます。

骨折だから容易に等級が認められると油断はできません。
なぜなら、ある被害者が交通事故当初から弁護士委任をしていて、その弁護士先生が後遺障害を事前認定で申請し14級が認定されたことを不満に当事務所へ依頼がきました。

そして、後遺障害の異議申し立てを被害者請求で行い8級へ変更したといった事案があるからです。


無料相談

関連キーワード:

お問合せ

このページのTOPへ移動

質問・返信をご自由にどうぞ。特定情報以外、お名前も含めて公開によって回答されます。

この記事に関する無料質問はこちらへ


“脊柱に運動障害 第8級の2”の18件のコメント

  1. さき より:

    腰椎脱臼骨折で後遺障害11級になりました荷重障害と運動障害は認められないと書いてありました。荷重機能障害はつねにコルセット有りと診断書に書いてありました。運動障害で前屈10度後屈10度、右屈15度
    左屈15度 右回15度左回15度と書いてあります
    不安定性等の異常が認められないと判断されました
    L2L3固定術は認められてます。医療紹介状を書いてもらい機能障害原因になると書いてありました。
    脱臼骨折をするほどの強い衝撃が強いため機能障害は
    あると考えます。と書いてありました。現在障害者手帳を貰い車椅子も貰っています意義申し建てしたいのですが8級に上がると思いますか?

    • 戦略法務 より:

      脊柱に変形を残すものとして11級5号が認定されたものと思われますが、変形障害に対してのこれより上位等級は考えにくいです。とすれば、上位等級の可能性は、運動障害もしくは神経症状の9級の7の2、7級の3、5級の1の2あたりだと考えられます。荷重機能障害については、固定術が行われている事などからすれば少し疑問です。

      残存している症状と諸々の状態、画像の間に整合性があれば上位等級、8級はありうると考えられますが、立証するのが機能障害だとすれば、「脱臼骨折をするほどの強い衝撃が強いため機能障害はある」という説明ではなく、「○○だから機能障害が生じている」という説明をする必要があると考えられます。

  2. さき より:

    いつもお世話になっております。後遺障害診断書のことでお聞きします第2腰椎脱臼骨折で他覚症状のところに、いろいろとかいてあり最後の方に車椅子使用しているとかいてありました。この書き方は認定にどう影響されますか?最後に障害内容の増悪の見通しのところに事故の衝撃が強いため残存すると書いてありました。お互いに70キロで走行しており相手側がスリップして衝突しました。これで何級かわかりますか

    • 戦略法務 より:

      圧迫骨折のみで車いすを使用している状態で、「症状固定」とは言い難いのが実際のところです。
      よって、特別に等級自体には勘案されることではありません。

  3. ヒラパー より:

    仕事で足場から落下、第1腰椎、第12胸椎、第9胸椎圧迫骨折、頸椎損傷、リハビリ治療後、腰、首の痛みが残ったまま症状固定で後遺障害の認定を受けます。腰の屈伸は痛くて出来ません。首も左右60度位しか回りません、前後は極わずかしか曲げられない状態です。認定基準で何級になるのでしょうか?お教え下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

  4. やすちゃん より:

    交通事故による脊髄圧迫骨折で治療四か月目です。痛みが残っていますが、今現在出来る範囲内(半日程度)で仕事に復帰しようと思います。仕事に復帰したことにより後遺障害認定がされなくなってしまったり、保険がきかなくなったりしてしまいますか?
    復帰するのは、認定審査後のほうがいいのでしょうか?
    痛みや、車の運転(少し怖いです)無理して復帰しようとしているので、まだやめておいたほうが得策でしょうか?
    ちなみに、医師の話では、数値てきに認定されるのではないかとおっしゃっています。

    • 戦略法務 より:

      医師から、復帰の指示などが出ている場合は、復帰したほうが治療という面から考えてもよろしいかと思います。医師がダメという場合は当然ダメです。これをもって等級に影響がある事はありません。

  5. 西城おでき より:

    腰椎第一骨、第二骨の圧迫骨折で10ヶ月通院し、今度後遺障害の申請をします。測定したら、主要動である前屈が25度、後屈は10度でしたが、参考運動の旋回は35度でした。8級の認定基準をクリアしているかどうかお聞きしたいのですが。ちなみに、圧壊率は、第一骨が25%、第二骨が14%です。

    • 戦略法務 より:

      可動域では8級に該当する数字となっていますが、画像所見上でそれが妥当であるかどうかの判断で11級になると考えられます。

  6. みなみ より:

    自己責任により14年前に左鎖骨を骨折し、完治はしましたが後遺症のため左手が頭の少し上以上あがらなくなりました。
    右手で左手をもちあげて腕を伸ばすことはできますがそうなると左手一本でおろすことが出来ません。
    ですが日常生活は苦痛なく出来ています。
    この場合は何かの障害になるのでしょうか?

    • 戦略法務 より:

      >何かの障害になるのでしょうか?

      おそらく該当する「何かの障害」は無いと思われます。が、一応市区町村区役所にお問合せをしてみるといいかもしれません。

  7. 河内 弥生 より:

    保険会社に自分で申請すると言ったら、「では怪我の方は示談ですね」と言われました。「それは分かりません」と答えましたが、先行きが不安です。申請に当たり、どのように進めたら良いか教えてください。あと申請は相手の自賠責保険に郵送で良いのでしょうか?
    もし笠原先生にお願いするとしたら、料金はどのくらいですか?
    お忙しい中、長々と申し訳ありません。お返事お待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

    • 行政書士 笠原 仁 より:

      早速ですが、申請準備はできていると思います。ただし、申請と等級を取りに行く事は別です。等級を取りに行くための説得力ある書類が揃っているか確認をする必要があります。

      これは、全ての書類を見なければ具体的な説明はできませんが、診断書や施術証明書などの一字一句がメリットにもなりデメリットにもなります。

      例えば、「動作痛もある」というのと「動作痛がある」とでは等級に与える影響は結果がまるで違います。

      料金についてはこちらをご参照ください。
      https://www.ura-senryaku.com/ryoukin

      • 河内 弥生 より:

        早速、ご回答ありがとうございます。
        是非先生にお願いしたいと思っていますが
        保険会社から治療打ち切り、後遺障害申請を勧められた時に、14級申請になりますが通るとは限りませんと
        言われました。
        先生は先ほどの申請書の内容からどの等級になると思われますか?

        • 行政書士 笠原 仁 より:

          こんにちは、行政書士の笠原です。

          初回のご質問で(一部非公開)の内容を拝見する限り、14級の可能性が90%12級が10%といったところでしょうか。

          たしかに14級の場合は通るかどうかわかりませんが、取ろうと思えば取れるのも14級です。

  8. 宮本 一弘 より:

    頚椎捻挫・腰椎捻挫・脊柱管狭窄症の診断ですが
    交通事故から約1年経っていますが、いまだに
    投薬・コルセット・シップ・電気治療・リハビリ
    針治療を行い、やっとの思いで仕事に行っています、一時治療費打ち切りになり2週間ほど針治療を(全額負担のため)中断したときには痛くて
    ブロック注射・座薬を使っても一日2時間から3時間しか寝ることが出来ない状態が針治療再開までの2週間続きとても困りました

    このような状態ですと、後遺障害認定は取れると
    したら何級が取れますか?
    取るためには医者にどのようなものを用意してもらうのですか、よろしくお願いします。

    • piropi より:

      脊柱管狭窄症ということなので、後遺障害の等級は14級の可能性が高いです。
      画像所見の内容によっては12級もあり得ます。