後遺障害が2つ以上認められた場合は?~併合~

[記事公開日]
[最終更新日]

交通事故で負った後遺障害が2つ以上ある場合には、重いほうの後遺障害をその等級とします。しかし、以下の場合にはその定める方法によります。ちなみに、後遺障害が2つ以上あることを実務では併合といます。

13級以上の後遺障害を2つ以上おった場合には、重いほうの等級を一つ繰り上げる。
8級以上の後遺障害を2つ以上おった場合には、重いほうの等級を2つ繰り上げる。
5級以上の後遺障害を2つ以上おった場合には、重いほうの等級を3つ繰り上げる。

ただし、一つの後遺障害が2つの等級に該当する場合には、認定される等級は上位等級となります。

例;大腿骨の変形で12級、下肢の1センチ短縮で13級の場合では、上位等級である12級が後遺障害の等級となります。これは、骨が変形したから足が短くなったからで、別々に等級を認定することはありません。

例:上肢に偽間接で8級、上肢間接にがん固な神経症状で12級の場合では、上位等級である8級が後遺障害の等級となります。これは、偽関節によって、がん固な神経症状が起きているからこそで(派生関係といいます)、別々に等級を認定することはありません。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「後遺障害が2つ以上認められた場合は?~併合~」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • 2015年 2月 27日

    例:上肢に偽間接で8級、上肢間接にがん固な神経症状で12級の場合では、上位等級である8級が後遺障害の等級となります。これは、偽間接によって、がん固な神経症状が起きているからこそで(派生関係といいます)、別々に等級を認定することはありません。 

    誤記は修正された方が良いかと思います 「偽関節」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend