治療費打ち切り対処法~交通事故被害者編~

[記事公開日]
[最終更新日]

治療打ち切りは必ずやってきます。

交通事故の被害者とはいっても、交通事故の発生からある一定の期間がすぎれば加害者・保険会社から治療を打ち切るように伝えられます。

「今月末で治療を中止としてください。来月以降は治療費を支払いません」
「今月末に症状固定にして後遺障害診断書の作成をしてください」

治療の打ち切りとは?

保険会社が伝えてくる治療の打ち切りとは、「治療費を支払わない」と言っているだけです。つまり、治療を行ってはいけないとは言っていません。もっといえば、任意保険が「治療を中止」というだけの根拠がなく、治療を続けるかどうかは患者の自由です。よって、保険会社の言う事を無視して治療を続けることは可能です。

医師の見解も重要ですが、いずれにしても治療費は窓口で自分で支払う必要がありますので、健康保険を使用することになります。治療を続けるか、続けないかは患者の自由です。

ただ、被害者としてここで注意をしたいのが、症状が強く残っているにもかかわらず、保険会社から打切りを言われたからと言っても通院を中止しない事です。治療費を支払っている任意保険会社等は、治療の打ち切りを被害者に伝えるときには、治療を止めて症状固定として後遺障害の申請をするようにと言ってきますが、症状固定とする時期は強制されるものではありません。

最近は、きちんと「治療費の支払いを打切るので以後は自費で」という伝え方が多くなりましたが、今でも「治療を終了として症状固定と~~」などと、通院自体を否定してくる保険会社等は存在します。打切りとはいっても、通院をするか、通院をしないかの判断は患者の自由であり、保険会社が言えるのは、加害者としてその治療費を負担するか、負担しないかという話であるという事に注意が必要です。

後遺障害を考えた打切りへの対処法

治療の打切りへの対処法に王道はありません。しかし、対策はいくつかあります。中でも後遺障害の等級を前提に考えれば次の2点に絞られます。

半年以上が経過していて、後遺障害の申請を行っても等級が見込めるときは、治療を打ち切りにして症状固定とし、後遺障害診断書の作成を行って自賠責に被害者請求を行う。
交通事故後3か月程度しか経過していないあるいは打ち切りの時点で後遺障害の見込みはないが後遺障害の準備を行えば等級の可能性がある場合。この時は健康保険を使って引き続き自費で通院をして、後遺障害の申請をおこなって等級が見込める準備ができたときに症状固定として、治療費と後遺障害の申請を合わせて自賠責に対して行う。

もっとも、打ち切りを打診された時点で、既に症状固定が明らかな場合は症状固定としておかなければ、その後の示談で治療費の回収が困難となる可能性があります。よって、被害者が治療の継続を望んでいたとしても、症状固定として後遺障害の等級を獲ってしまったほうが戦略的な時もあります。

適切な治療打切り、適切な症状固定が求められる難しい判断です。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「治療費打ち切り対処法~交通事故被害者編~」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • とんとん
    • 2014年 10月 03日

    3月6日に交差点にて追突され現在も治療中です。
    病院での診断は頚椎捻挫と腰椎捻挫です。
    しかし当初より右手首の痛みと左肘の痛みを訴えたのですが、神経の痛みとしてレントゲンすら撮ってもらえません。
    ようやく首のMRIを撮っていただいたのですが問題なしです。
    質問ですが
    1.他の病院で手首と肘の検査をしていただいた場合後遺障害用の診断として使えるのですか?
    2.後遺障害の診断書は初診を受けた病院で書いていただかないといけないのでしょうか?

    • 1、初診時から症状を訴えていれば可能性はございます。

      2、一応そういった決まりは特にございません。医師であれば書く事が出来るのが後遺障害診断書です。

    • あやな
    • 2014年 8月 27日

    交通事故で、9月1日で半年になります。後遺症害申請の書類が届き、明日から健康保険で治療継続しようと考えてますが、健康保険で治療継続の状態で、後遺症害申請は可能ですか?
    後遺症害申請するなら、治療をやめたほうがいいのですか?

    • 症状固定後の健保通院は全く問題ございません。心置きなく通院されてください。

    • 吉田
    • 2014年 1月 29日

    等級獲得には半年通院と良く目にしますが本当ですか?
    その場合は週に何日通院するべきですか?週3くらいですか?

      • 戦略法務
      • 2014年 1月 31日

      本当ですが、正確ではありません。

      症状を固定と考える時期については、「治療の効果が期待できない状態で症状が固定した時に等級に該当する」という決まりがありますが、ここにでは半年とは決められていません。

      半年と出てくるのは「症状の固定までに長期間必要な場合は医学上妥当な期間を待って等級の判断~症状の固定の見込みが6か月以内の期間においても認められないものは治療中止時に将来固定と認められる症状によって等級を認定する」6か月と言う表現で出てきます。

    • Jack
    • 2014年 1月 12日

    体をちゃんとまっすぐにして歩けない。それは障害等級にはいりますか?

    • Jack
    • 2013年 12月 27日

    あぐらが出来ない、それは、障害等級にはいりますか?いたみも。大腿骨骨折ですけど

      • 戦略法務
      • 2013年 12月 29日

      あぐらが出来ないという事実だけでは後遺障害は認定されません。なぜなら、「あぐらが出来ない」とい事がどの等級にも後遺障害として定められていないからです。

    • ゆず
    • 2013年 12月 10日

    お忙しい所すみません。
    質問させて下さい。

    9月9日に100キロ以上出していた車に斜めうしろから追突され、車が二転三転する事故にあいました。
    もちろん私に過失はなく、10対0です。

    ただ運よく骨折や切り傷などもなく、頸椎捻挫などの被害ですみました。

    今現在は病院に月2回(整形外科)、整骨院に月18回ほど通い治療してもらっています。
    治療部位は首、両肩、背中、両股関節を治療してもらっています。

    ですが今日突然整骨院から電話があり、相手方の保険会社から来月から治療部位を減らしてくれという連絡があったことを伝えられました。

    まだ私には保険会社から直接、治療部位を減らして欲しいという連絡は来ていません。

    もちろんまだ治療してもらっている部位は痛みや違和感が残っているので、治療をやめられるのは困ります。
    一体私はどうすればよいのでしょうか…?

      • 戦略法務
      • 2013年 12月 11日

      整形外科の診断書と整骨院の治療部位が異なっているのではないでしょうか。この場合、整形外科の診断部位が優先されてきますのでご確認ください。

    • 小倉 泰裕
    • 2013年 12月 04日

    事故から半年過ぎましたが、保険会社からは、今の所治療の打ち切りの話は出ていません。6,7,8,9,10月は月に4日~5日整形に通院して、他の日は、整体に通院していました。ほとんど外科の日以外は、整体に通っていましたが、11月から外科を15日通院して整体を15日通院し心療内科を3度通院しています。12月も外科メインで通院して行く予定ですが、医療費が自賠責ではなく、私の搭乗者保険から支払われていますが、自賠責の被害者請求は出来ますか第三者行為の届け出は出していますが、人身事故にしていませんから自賠責は請求できないのでしょうか?

      • 戦略法務
      • 2013年 12月 05日

      *基本的に搭乗者保険は医療費を支払う保険ではありません。何かの間違えではないでしょうか。(人身傷害)

      さて、人身事故にしていないという事ですが、物件事故でも後遺障害の申請、つまり自賠責への被害者請求は可能です。

      宜しくお願いします。

      • 小倉 泰裕
      • 2014年 1月 01日

      あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。昨年6月5日に事故してから、7月過ぎましたが、通院に関して保険会社からは、何も言ってきません。支払いは、私の人身傷害で支払われています。東京海上の医療支払いハガキに明記してあります。現在月15日は整形へ、15日は整体へ、後3日重複して心療内科に通院しています。相変わらず
      不眠、頭痛、めまい、、右肩の痛みは、痛み止めの注射をしてもらっています。首、腰は、仕事が終わり自宅に帰ると痛みに気がつきます。寝るときは、痛みから眠れません、保険会社の担当は、当初の8対2から5対5で相手と話しているそうですが、長引きそうです。本年2月6日で保険が切れるので、他社に乗り換えを考えていますが、特に問題はないでしょうか?いい加減な保険会社はお断りしたいのですが、とりあえず何も連絡がありませんので、このまま通院すればいいですか、他の投稿者の方たちは、私よりひどい事故に合っているのに通院の打ち切りをされているみたいですが、やはり保険会社の担当者の会話を録音していたおかげでしょうか?
      考えたら、保険会社は人を選ぶんですかね?私は担当者の嘘を見抜いて、物損担当と人身担当の矛盾と嘘を録音して、追求しただけですが、いい加減ですね東京海上は、ま、どこも一緒ですけど、私も保険関係の仕事を30年してきましたたが、ロスレシオばかり考えて契約者は二の次?信頼できる保険会社はありますか?CMではいいことばかり言っておいて
      愚痴になってすみません。

        • 戦略法務
        • 2014年 1月 04日

        録音によって保険会社が手ごわいと感じ、不用意に打切りの話をしないのかもしれませんが、この辺は人身傷害だと比較的的穏やかです。

        保険会社は担当者によってかなりの差がありますので一概に良い会社というのはありませんが、ダメな会社はダメな会社です。

    • シロクマ
    • 2013年 11月 21日

    お忙しいとこすいません

    現在 交通事故の被害者で
    治療日数が90日で

    実通院日数が46日です。

    加害者側の保険会社が
    私に払う慰謝料はどれくらいでしょうか?

    よろしくお願い致します。

      • 戦略法務
      • 2013年 11月 22日

      その通院状況であれば、自賠責基準で慰謝料提示がされるはずです。だとすれば、37.8万円と試算されます。

    • みいこ
    • 2013年 11月 09日

    完全に被害者です。顔の治療のためレーザーしています。物損で保険の担当ともめて?いましたら、加害者弁護士に内容証明がきて私が悪いとのことです。まだまだ治療はかかりますが…加害者は自分の保険で完全に治してくださいと言われたので安心しておりました?
    今後どうしたら良いのでしょうか?寝れません。

      • 戦略法務
      • 2013年 11月 12日

      賠償金を保険会社が支払うとすれば、加害者がいくら10割過失と言っても保険会社は過失割合を独自に考えて対応してきます。まずは過失がどうなのか?というところを調べる必要があると思います。

    • 小倉 泰裕
    • 2013年 10月 30日

    ごぶさたしています。あれから進展がありました。相手の代理店を東海の担当者が教えてくれないのでネット検索したら、東海日動100% 出資の㈱東海日動パートナーズ名古屋で社員124名の代理店でした。本来は私の味方である東海のooさんが、最初から乗り気でなく8対2の繰り返しで、証人がいるとか、いなくなったとか、60キロで走っても無違反じゃないとか、事故相手に電話したら私は、そんな事は知りません、保険会社の書類に判を押しただけで詳しい連絡は一度も受けてない、そこまで揉めているのかとあきれてました。基本的に8対2は常識でしょうが、タイムスや赤本の中には、いったん停止後に徐行発信した場合は6対4の判例もあります。仮に8対2でも修正相手に軽度の過失10%重大な過失20%道幅3メートルの子供が自転車で遊んでいる生活道です。15キロが最大速度でしょ。通りすがりさんへ、東海から約款を取り寄せました。そこに付箋して東海の担当者に追求しました。何か社内用の約款で説明不足でした。謝罪しましたが、本社のお客様センターに電話して事情を説明して。20年前の独占禁止法違反、最近では保険金の未払い等一方的な保険料の値上げ、私も30数年間自動車修理販売保険販売をしてきましたから。保険会社の裏はわかります。例えば今月は、事故車の修理協定を伸ばして修理会社
    困らせる、どこの保険会社にも、支払うな課がありますからあの手この手で1円でも値切るのが仕事でしょうからちなみに事故して5か月すぎました。そろそろ打ち切りの電話が入るとおもいますが、外科の先生がようやく心療内科に行った方がいいといってくれたので、一安心です。事故して、一か月後に会社を首になり、理由は、仕事に集中できてない、z次に就職した会社も一か月半で、注意力が無いで首。とりあえず今まで36年間休まずに働いてきたから当分は、持つけど。今書き込みの最中に東海の担当者から5対5で話を持っていきますの電話ええ加減にせえよいいたくなるよね、コロコロ話を変えて来て、昨日も東海本社今度は偉い人と話して、お客様の苦情は、金融監督庁に報告義務があるんでしょだったらちゃんと報告してくださいとお願いしました。事故後の保険会社との会話はすべてボイスレコーダーで録音済みだから、証人がいると言って来た時点で偽証罪未遂になるんじゃないかと思うけど相手も生活があるからそれはしません。以上

      • 戦略法務
      • 2013年 11月 03日

      同じ保険会社同士だと、過失について本気で争う事はない事が多いようです。

    • 小倉 泰裕
    • 2013年 9月 22日

    8月に弁護士特約を使用すると保険会社に連絡しました。保険会社に弁護士の連絡先を連絡して、一度弁護士へ相談に行きましたが、交通事故にあまり詳しくないので、保険会社へ連絡して、弁護士を変更する旨を伝えたら、約款で、車両保険の先行払いした場合は、弁護士特約を使用できないて言われました。じゃあ、前回は、何故認めたのか。弁護士特約を使用したかったら、車両先行で、私に支払った、金額を返済すれば、使用可能と言われましたが、契約のしおりや、契約時にそのような、詳しい約款の説明は受けていません。現在過失割合で、ながびいておりますが、33メートルの道幅で相手が約60キロで交差点に進入して、私は、一時停止後に5キロて走行していましたが、保険会社は、速度標識が無いから、60キロで走行してもかまわない、しかし、相手も、交差点手前の徐行義務、ノーブレーキでの交差点の新進入は、いいのでしょぅか、ちなみに、正活道で15キロ位でも危険を伴う道路です。8対2の保険会社の過失提示に納得できません。調査会社が調査していますが、双方、東京海上で、 相手の代理店のアドバイスが、あるようです。相手に連絡したら、代理店に一任しているそうです。わたしは、再確認して相手に5対5でしたよね、と確認しました。相手は、保険代理店まかせで、今までの状況がわからないそうです。代理店のアドバイスは、本来技用務違反にあたり、金融監督庁に通告すると、保険会社に連絡したら、態度がかわりました。私は現在も通院しています。

      • 通りすがり
      • 2013年 9月 22日

      私見を述べさせていただきますと、約款のは自分で確認をしなければなりません。これは自己責任の部類に入ります。

      ただ、もしも、車両保険を使う前に弁護士相談でOKが出ていた場合でその後、車両保険を使ったとすれば、弁護士相談を行った事実を把握している以上、保険会社は弁護士特約が使えなくなるという事を説明する必要があると思います。

      また、特約が使用できないのは、物損だけかもしれません。なぜなら、請求権は保険会社にあるからです。

      特約は保険各社微妙に異なるので、保険会社と契約期間が分からないと判断できかねる質問なので、あくまでも私見となります

    • 小倉 泰裕
    • 2013年 8月 26日

    事故当初、事故者が、口頭で、過失は5対5でいいですねといいましたら、それでお願いしますと言ってきました。私は、病院に行くけど、人身事故にしませんからと、約束しました。連絡先保険先の電話番号の交換をしましたが、双方同じ東京海上で私は、東京海上の事故サポートセンターの番号を記入しましたが、相手は、代理店の番号でした。翌日病院に行き、診断書をもらい全治2週間でした。6日後相手が、病院に行ったと、保険会社から連絡があり、こいつ、代理店の知恵が入ったなと思いました。私は軽自動車で左前方を相手の右前部に衝突されて、2メートル横に飛ばされ、双方の車がなぜか同一方向になり、相手のいきおいで、右斜め前方の壁に私の車が衝突しました。痛くて10分車内にいました。私のタイヤ痕がしっかりと残っていたので、保険会社にリサーチの依頼をしました。リサーチの人も私に問い合わせがあり私のブレーキ痕かと聞いてきましたが、5キロで走行してぶれーきも踏んでない、私は一時停止して、停止線無しで左方をしっかりと確認後はっしんしました。自分でも速度計算をしましたが、50~60キロで、ノーブレーキで追突してきたとおもいます。保険会社は、速度標識が無いから60キロ出してもいいと言いますが、住宅街で道幅も狭く、交差点での徐行義務があるのでは、といいましたが、基本8対2で私が悪いそうです。修理業者もむ60キロ位でてたでしょうといってますし。私も自動車修理30年のけいけんもあり、保険会社の鑑定人も、私の車を一目みただけで、全損でした。車両保険に入っていたので70万先払いしてもらいました。相手は、古いセルシオで16万で全損です。部品代が高いからでしょうが、私が許せないのは、確証はありませんが、代理店のアドバイス本来してはいけない行為を助言していると思われるのです。嫌がらせの非通知電話が2時間なりっぱなしでした。多分個人代理店が、いいところを見せたいのでしょうが、私は、引きません、現在も通院中です。当初保険で対処すると言って来たのに、私の健康保険を使わしてほしいと行ってきましたので、快諾しました。自由診療で医者が儲けるのも、保険料が上がる、現況ですので、私は、弁護士特約300万に入っているから保険会社に了解を得てとことんまで戦います。相手は2週間後に承認が現れたと保険会社から連絡がありましたが、嘘は、わかります。もし嘘なら保険会社と相手を虚偽の証言で告発すると言ったらそのごその事に触れなくなりました。私は、昨年広島から名古屋に越してきましたが、名古屋走りというくらいびくびくさせられます。何とかなりませんか。

      • 戦略法務
      • 2013年 8月 28日

      過失の推定には、双方の道路状況及び標識、双方の交差点進入時の挙動をわかりやすく説明してください。
      https://www.senryaku.info/k-873
      なお、「速度標識が無いから60キロ出しても良い」とは限りません。警察に問い合わせをしたほうが確実です。

        • 小倉 泰裕
        • 2013年 9月 28日

        このページに私のアドレスが提示されています。アドレス変えました。16日17日に東海本社から謝罪のでんわがありました。現在調査中だそうです。自社の子会社の不正を、東海日動パートナーズ名古屋に注意勧告してくれるのでしょうか。

          • 戦略法務
          • 2013年 9月 28日

          アドレスは公開されておりません。

          何に対するどういった謝罪なのかわかりかねますが、同じ社内でも問題があればきちんと対応するので、問題ないと思われます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

    運営者にメッセージ・一言 (必須)



    *頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


    このページの最上部へ。>
    //kz //ここから構造化データの記述 //kzend