肩鎖関節脱臼(鳥口鎖骨靭帯断裂 肩鎖靭帯断裂)

[記事公開日]
[最終更新日]

肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼は、バイクの交通事故で比較的多い傷病です。肩に異常な外圧が加わると肩鎖靭帯が断裂し、さらに強い外圧では鳥口鎖骨靭帯(うこうさこつじんたい)をも断裂し肩鎖関節脱臼として診断されます。

肩鎖関節脱臼では、Tossyの分類というもので3つに分けて診断します。

Tossyの分類

軽度Ⅰ 靭帯が少し伸びた程度 レントゲンで異常はない
中度Ⅱ 肩鎖靭帯断裂があり痛みがある
重度Ⅲ 鳥口鎖骨靭帯断裂と肩鎖靭帯断裂があり激しく痛む

軽度Ⅰ
tossy1
中度Ⅱ
tossy2
重度Ⅲ
tossy3

交通事故の後遺障害では、このTossyの分類で十分ですが、最近の医学ではRock Woodの分類という6段階に分ける事があります。Rock Woodの分類とは、Tossyの分類の「重度Ⅲ」をさらに4つに分けてⅢ~Ⅵ型に分類したもので、靭帯の完全断裂を前提にし治療の方法を判断するために用いられます。

Rock Woodの分類

Ⅲ型 鎖骨が完全に上にずれる上方脱臼
Ⅳ型 鎖骨が後ろにずれる後方脱臼
Ⅴ型 鎖骨に着く筋肉等も全部はずれる明らかな脱臼
Ⅵ型 鎖骨が下にずれる下方脱臼

Ⅳ型以上は手術が選択されます。

肩鎖関節脱臼の治療方法

交通事故による受傷の程度の軽いものや高齢等の場合は、患部を装具によって固定します。しかし、若年層や程度の重い肩鎖関節脱臼は、時に手術が行われます。しかし、手術を行うか否かは、自覚症状などを総合的に勘案して医師によって判断が異なります。それは鋼線による固定や腱の移行などの手術を行っても”必ず良くなる”というものではないからです。

肩鎖関節脱臼の後遺障害への道

まず、肩鎖関節脱臼の程度をTossyの分類で確認し、その分類を確実に立証できるように準備をします。そして、きちんとリハビリを行い交通事故後半年が経過してから後遺障害の申請を行います。重度Ⅲの肩鎖関節脱臼で手術を行わなかった場合は骨の変形が必ず発生します。この肩鎖関節の脱臼では、14級、12級はもちろんの事、併合での11級や9級などの等級もありますので十分に計画的な症状固定の判断が必要です。


お問合せ

関連キーワード:

この記事「肩鎖関節脱臼(鳥口鎖骨靭帯断裂 肩鎖靭帯断裂)」の質問やコメント

このページのご質問、お問合わせ、コメント、一言は 下記フォームにご記入ください。
お気軽にどうぞ!(24時間/無料受付)

【お名前・ペンネーム可】
E-MAIL - 公開されません -】

【ご質問などの内容】

メールアドレスは非公開となります。


特定情報以外、お名前も含めてこのページで公開される場合があります。


質問、コメントに対する返事などは管理人が承認後このURLで確認できます。


個別相談は直接連絡の方法からお問い合わせください。


    • トレック
    • 2015年 7月 01日

    2月に息子が事故で左肩鎖関節脱臼で手術 順調に回復中なのですが若干の違和感と肉眼で微妙な骨の突出が認められます この程度だと後遺障害認定は難しいでしょうか?宜しくお願いします

    • しっかりと立証説明をおこなえば後遺障害の等級は認定されると思われます。

    • ジロママ
    • 2015年 6月 05日

    今日、主人がバイクで転倒し肩脱臼の診断を受けました。救急車で初めに行った病院は手術と言われ、家に近い病院に紹介してもらい診断を受けたら手術は2週間して痛みが取れなかったら検討しましょうでした。どちらの方が後遺症もなく仕事に復帰できますか?

    • おそらく、後遺障害としての症状は残存すると思われえます。
      よって、後遺障害に向けての準備なども怠らないほうがよろしいかと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイトに一言

運営者にメッセージ・一言 (必須)



*頂いたご意見、ご感想などは参考とさせていただきます。


このページの最上部へ。>
//kz //ここから構造化データの記述 //kzend